IT導入支援

会員限定

エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社提供コンテンツ

2011年02月07日

メール誤送信をいかに防ぐか?ポイントは送信者本人に“気づき”を与えること

メールの誤送信によって、企業は日々情報漏えいの危機にさらされている。誤送信がなくならない最大の理由は対策が難しいことにある。たとえシステムでメール本文やアドレスをチェックしても、承認フローを増やしてチェックする人を増やしても、最終的には送信者本人にしか判断できないメールがあるからだ。では、メールの誤送信はいつまでも防ぐことができないのだろうか。その実態と対策について、NRIセキュアテクノロジーズのセキュリティコンサルタント 船越洋明氏とITセキュリティスペシャリスト 秋山将氏に話を聞いた。

根絶が難しいメール誤送信による情報漏えい

photo

NRIセキュアテクノロジーズ
ソリューション事業推進部
セキュリティコンサルタント
船越洋明 氏

 企業にとって情報漏えいが大きな脅威であることはいうまでもない。そのため、すでに多くの企業は、マルウェア感染や外部からの不正アクセス、ノートPCやUSBメモリの紛失・盗難などに備え、さまざまな対策を講じているだろう。

 しかし、情報漏えいの原因として広く知られていながら対策が難しい脅威もある。メールの誤送信だ。その実態について、NRIセキュアテクノロジーズ ソリューション事業推進部 セキュリティコンサルタント 船越洋明 氏は次のように説明する。

「メール誤送信の原因のほとんどは“うっかりミス”です。宛先を間違ったり、BCCに指定すべきアドレスをTOやCCに指定したりするケースが後を絶ちません。我々が実施したセキュリティに関する調査では、じつに19.2%もの企業で、過去1年間にメール誤送信が発生しているのです」(船越氏)

 メール誤送信対策が難しい理由は、それが誤送信なのかどうかを判断できるのが、最終的には送信者本人だけである点だ。メールに含まれるキーワードなどをチェックして、ある程度機械的に判断することは可能だが、最終的な正誤は送信した本人にしかわからない。したがって、メール誤送信を根絶することは難しいと船越氏は指摘する。

「メールの誤送信は間違い電話と同じです。これだけ長い歴史のある電話でも、いまだに間違い電話はなくなっていません。メールも同じです。メールが存在し続けるかぎり、うっかりミスによるメール誤送信はなくならないと思います。ただし、誤送信を減らすことは可能です」(船越氏)

この続きは会員限定です

関連リンク

【特集】今すぐ取り組むべき情報漏えい対策
〜メールのうっかりミスを防ぐ〜
ホワイトペーパーダウンロード