IT導入支援

SCSK株式会社提供コンテンツ

2013年10月24日
 【特集】技術進化への処方箋、ネットワーク管理の最適解

ネットワークを流れるトラフィックが増加の一途をたどっている。ある調査によれば、3〜4年後には現行の4倍にのぼるとの試算もあり、回線速度も10Gから40G、あるいは100Gへと拡大している。本特集では、こうした「ビッグトラフィック時代」において、高い品質とセキュリティを実現する方法についてみていく。

特集記事

  • 企業ネットワーク、コストと品質のバランスをとる難問にどう挑む?

    企業ネットワーク、コストと品質のバランスをとる難問にどう挑む?

    当たり前のように利用される企業のネットワーク。しかし、そのネットワーク帯域が不足すれば、ただちに「つながりにくい」「データ転送の時間がかかる」「遅延により転送データが失われた」といった問題を引き起してしまう。今やネットワークは企業活動のインフラとも言うべき存在。どうしても余裕を持った敷設をしがちだが、それでは余分なコストを支払い続けることになりかねない。そこで重要になるのが「キャパシティプランニング(回線収容力計画)」だ。しかし、企業を取り巻く環境は日々変わっており、品質(帯域幅やスピード)とコストのバランスをとって設計するのは非常に難しい。企業は、この難問にどのように取り組めばいいのだろうか。

  • ビッグトラフィック時代における4つの課題、Webサービスはユーザー体験が差別化要因に

    ビッグトラフィック時代における4つの課題、Webサービスはユーザー体験が差別化要因に

    スマートフォンやタブレットといった常に持ち歩けるデバイスの普及、企業システムのクラウド化、ネット通販やSNSをはじめとする各種Webサービスの普及など、今や個人も企業も24時間ネットワークに接続するのが当たり前の時代となった。こうした中で企業のネットワーク担当者には、パフォーマンスの改善だけでなく、アプリケーションのパフォーマンス改善、さらにはその先にあるカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の改善まで求められるケースが増えている。一方で、取り扱うデータの種類も量も増大し、システムはよりいっそう複雑化する「ビッグトラフィック時代」に突入している。爆発的に増加するデータトラフィックの中で、企業はどのようにネットワーク網を管理すればいいのだろうか。

  • 複雑化するネットワークをどう守るべきか?トラフィック監視の最前線

    複雑化するネットワークをどう守るべきか?トラフィック監視の最前線

    仮想化、クラウドコンピューティング、BYOD、増え続けるトラフィック……。企業のネットワークを取り巻く環境は、大きな変化にさらされている。それにともなって、さまざまなセキュリティ上の脅威も増大している。こうした変化に対応し、脅威に備えるために、企業がとるべき対策は何か。ネットワーク検証・監視機器を手がける米イクシアのマイケル・シェプケ氏、イクシアコミュニケーションズ 代表取締役 村上憲司氏、SCSKの古岡宏理氏に話を聞いた。

ホワイトペーパー

  • 見えないものは監視できない〜セキュリティ監視のベストプラクティス

    見えないものは監視できない〜セキュリティ監視のベストプラクティス

    セキュリティ専門家の多くが、セキュリティポリシー、トレーニング、ツール、テクノロジーに重点を置いて、ネットワークセキュリティに対処している。しかし、ツールやテクノロジーが十分に機能するには、分析対象として受け取るネットワークデータの質が求められる。本ホワイトペーパーでは、「仮想化環境」「既存の1GE/10GEツールを使用した10GE/40GEのモニタリング」「障害復旧の改善」「機密データの取り扱い改善」など、セキュリティに求められるネットワークの可視性の問題を取り上げる。

  • 中小規模ネットワーク監視におけるパラダイムシフト

    中小規模ネットワーク監視におけるパラダイムシフト

    昨今、優れた拡張性と性能を備え、ネットワークの可視性向上によってネットワークの複雑性を軽減する柔軟なソリューションが求められている。イクシアのNTO 2112/2113を含むネットワーク監視ソリューションは、適切な監視ツールに、関連するデータのみを提供することにより、Actionable Insightを実現する。本資料では、中小規模ネットワーク監視でのパラダイムシフトについて解説するとともに、それを実現するソリューションについて紹介する。

  • 仮想化の

    仮想化の"盲点"とその解決方法 〜仮想環境のモニタリング

    仮想化は、コスト削減やリソースの有効活用、BCP対策といったさまざまな点で有効なソリューションだが、残念ながら大きな弱点もある。トラフィックの可視性の問題だ。仮想マシンは「一体型」という概念の上に成り立っており、この概念は、パケットの追跡などを実行しようとすると問題になるのだ。本ホワイトペーパーでは、仮想化の成長と、従来の実装方法から生じる可視性の問題を検証し、この問題に対してどのようなソリューションが役立つのかを立証する。

  • 直感的なGUIで使いやすいネットワークモニタリングスイッチ

    直感的なGUIで使いやすいネットワークモニタリングスイッチ

    直観的なGUIを誇るネットワークモニタリングスイッチとして注目されているのが、イクシアの「Aune Net Tool Optimizer(NTO)5200シリーズ」だ。各種プラットフォームが用意されており、ユーザーの仕様および予算に応じたコンフィグレーションのカスタマイズが行える。またシンプルなソフトウェアライセンスキーによって、必要なポート数を設定できるため、将来のネットワーク環境に合わせたポートの拡張が可能となっている。