関連ジャンル

中堅中小企業

IT導入支援

NEC 産業ソリューション事業部提供コンテンツ

2014年03月03日
 【特集】本格化するクラウド活用、事例に見る導入の最適解

日本企業でクラウド導入が本格化している。しかも、従来はメールやグループウェアなどの情報系が中心だったが、ここに来て基幹システムでも導入するケースが出てきた。各社さまざまな取り組みがある中、今回はITの全面クラウド化を進める企業の事例をみていく。なぜクラウドなのか。そしてその最適解とは。

特集記事

  • 【事例】運用負荷の大幅削減に成功!社内システム全面クラウド化を目指すサンティーの取り組み

    【事例】運用負荷の大幅削減に成功!社内システム全面クラウド化を目指すサンティーの取り組み

    システム事業、事務機器事業、資材事業を3本柱にビジネスを展開するサンティー。徳島県に拠点を構える同社が積極的に推進しているのが、社内で運用しているシステムのクラウドサービスへの全面移行です。サンティーの取締役 竹林 隆典 氏はその理由について「経営資源に限りのある企業の場合、それをいかに効率的に活用していくかが、生き残りをかけた大きな経営課題となる」と語ります。システムをクラウドに移行すれば、従来、システムの運用管理にかかっていた手間を大幅に削減し、浮いた分の人手を本業へ集中させることができると考えたのです。同社はどのようにして全面クラウド化への第一歩を踏み出したのでしょうか。

ホワイトペーパー

  • 経営分析と自社にあったIT導入で会社の競争力をアップする

    経営分析と自社にあったIT導入で会社の競争力をアップする

    変化の激しい時代、各企業は顧客が求める高品質でスピーディな商品の提供、新事業の開発など、経営状況を適宜見直し、新しい取り組みを進めていく必要がある。これまでは、経営者の判断をサポートする情報を得たり、専門家の助言を仰いだり、さらに実現のためのITシステムを構築するには時間と費用、労力を要していた。しかし、クラウドという新しいITの利用形態が充実し、ITは、より使いやすいものに進化している。本資料では、ITと経営支援の結びつきを密接にして、会社の競争力を向上する手法について紹介する。

  • 強い会社づくり、悩める経営者に次の答えを!

    強い会社づくり、悩める経営者に次の答えを!

    もっと営業力を高めたいか、コストダウンに取り組みたいか、有能な社員を育てたいか、強い財務基盤をつくりたいか、研究開発に取り組みたいか、これらの質問にノーと答える経営者はおそらくいないだろう。とはいえ、限りある経営資源の中で、何に投資するべきか、またどう取り組んでいくべきかといったことに悩む経営者は少なくないだろう。本資料では、こうした悩める経営者に対する答えとして「クラウド型ビジネスプレイス」という新しい“しくみ”を紹介する。