関連ジャンル

医療IT

IT導入支援

2014年06月16日
 【特集】医療業務を変革するIT活用の実践事例

高齢化の進展とその社会保障費の増大に対応するため、2014年4月に行われた診療報酬改定では、重症患者向けの「7対1病床」(患者7人に対し看護師が1人置かれる病床)を今後2年間で9万床分減らす目標が打ち出された。こうした中、近年は医療機関の競争が激化しており、医療機関の休廃業・解散は過去最多を更新しており、医療機関は医療業務の効率化や病院経営の見直しを迫られている。本特集では、ITを通して医療の変革に取り組んだ事例を紹介する。

特集記事

  • 現在の医療現場が抱える情報共有とネットワーク、そして看護師勤務の課題とは

    現在の医療現場が抱える情報共有とネットワーク、そして看護師勤務の課題とは

    少子高齢化に伴う医療費の高騰と医療費削減への圧力、それに伴う医療機関の役割の変化など、医療機関を取り巻くマクロの環境変化は激しい。一方で、医療現場に目を移せば、いまこのときも、人々の命を救い、健康を取り戻すための活動が行われている。そこでは、外部の人間からは容易には想像できない課題もあるようだ。本記事では、医療機関にITシステムを提供している3社の担当者に、現在の医療現場が抱える課題とITによる解決方法について、話を聞いた。

ホワイトペーパー