IT導入支援

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社提供コンテンツ

2014年07月31日
 【特集】激変するビジネスに攻めのITを。クラウド/SDN時代のネットワーク最適化術

ビジネスのスピードが加速するのに伴い、ITインフラ基盤にも柔軟性や俊敏性が求められるようになってきた。こうした中、クラウド化への要求の高まりと共に、SDNには大きな期待が寄せられているが、今何にどう備えておくべきなのだろうか。

特集記事

  • 対談:変わる情報システム部門の役割、エンタープライズアーキテクチャを再定義せよ!

    対談:変わる情報システム部門の役割、エンタープライズアーキテクチャを再定義せよ!

    いま、ITを戦略的に活用している企業とそうでない企業の格差、デジタルデバイドが深刻化している。その結果は明白にビジネスにつながり、業界の優勝劣敗をもたらすと同時に、経営者の意識も変えつつあるようだ。こうした変化の中で、いま突きつけられているのが、企業の情報システム部門や情報子会社の存在意義だ。クラウドの台頭により、情報システム部門は不要になるのか。IT系調査会社アイ・ティ・アール(以下、ITR)で、数多くの企業のITインフラ再構築を支援してきた甲元宏明氏と、SDNの登場によるデータセンター・ネットワークの変革を推進するブロケード コミュニケーションズ システムズ 小宮崇博氏が語り合った。

  • ITR甲元氏x小宮氏対談:ITインフラ再構築に潜むリスク、WS2003終了をクラウド化の契機とするには

    ITR甲元氏x小宮氏対談:ITインフラ再構築に潜むリスク、WS2003終了をクラウド化の契機とするには

    ここ数年、ITインフラ再構築への投資を強化する企業が増えている。背景には、リーマンショックと3.11の影響からIT投資を抑えていた企業が、従来のITインフラでは、もはやビジネス環境の変化に追随できないという切迫した事情がある。また、Windows Server 2003のサポート終了が2015年7月に迫っており、これを1つの契機と捉える向きもある。しかし、戦略のないITインフラ再構築には、大きなリスクを伴う。IT系調査会社アイ・ティ・アール(以下、ITR)で、数多くの企業のITインフラ再構築を支援してきた甲元宏明氏とブロケード コミュニケーションズ システムズ 小宮崇博氏が、プライベート・クラウド構築の現実と成功の秘訣を語り合った。

新着動画

  • 【動画】サーバ仮想化の効果を引き出す、ネットワーク構築の新定番とは

    【動画】サーバ仮想化の効果を引き出す、ネットワーク構築の新定番とは

    ご存知の通り、サーバ仮想化には「迅速なサービス化」「システムの可用性向上」「コスト削減」といった導入メリットがある。しかし、従来のネットワークでは、こうしたサーバ仮想化で得られる効果を最大限に享受することができない。本動画では、サーバ仮想化に最適なネットワークを構築したかどうかでどのような差が生まれるのか、とある中堅企業のIT部門での出来事を見ながら解説する。

  • 【動画】複数のスイッチを1台に。ロジカルシャーシ機能の概要とデモ

    【動画】複数のスイッチを1台に。ロジカルシャーシ機能の概要とデモ

    Brocade VCSファブリック技術に対応するNetwork OS(NOS)4.0では、新たにロジカルシャーシ機能が搭載された。このロジカルシャーシは、ファブリックを構成する複数のスイッチをあたかも1台であるかのように設定・管理することができる機能で、運用管理の簡素化と集中管理を可能とするもの。本動画では、クラウドや大規模仮想化基盤への要求が進む中、なぜ従来のネットワークでは対応できないのかを踏まえながら、ロジカルシャーシ機能の概要とメリットを、実際の動作とともに解説する。

ホワイトペーパー

  • SDNとNFVがもたらす5つの効果、データセンターでの対応を検討する考慮点とは?

    SDNとNFVがもたらす5つの効果、データセンターでの対応を検討する考慮点とは?

    本資料では、SDN(Software-Defined Networking)とNFV(Network Functions Virtualization)といったデータセンターの新しいテクノロジ動向を解説し、同時にこれらのテクノロジを活用する場合を想定し、自社のデータセンターをどのように位置付けるべきかを検討する際の考慮点についても取り上げている。そして、その上でイーサネット・ファブリックなどの成熟したテクノロジが、現時点でどのように価値を発揮し、なおかつ新しいテクノロジを支える強力な基盤の構築に大きな役割を果たすのかについても述べる。

  • IDC調査レポート:データセンターネットワーク自動化とビジネスの俊敏性を支える基盤

    IDC調査レポート:データセンターネットワーク自動化とビジネスの俊敏性を支える基盤

    仮想化、クラウド、モバイル、ビッグデータ、ソーシャルメディアなどの台頭により、データセンターは過去数年の間に劇的な変化を遂げた。同時に、ビジネスニーズをリアルタイムに満たし、増大し続ける要求によって、企業やエンドユーザーの期待に応えるため、IT部門には、これまでのテクノロジープロバイダとしての役割から、対応力に優れたコスト効率の高いサービスを提供する組織へと転換することが求められている。本資料では、これらの変革を支える技術について評価する。

  • SDNへのアプローチ:ソフトウェア・ベースのネットワーキングとセキュリティ

    SDNへのアプローチ:ソフトウェア・ベースのネットワーキングとセキュリティ

    今日、ネットワーキングの世界では SDN(Software-Defined Networking)が注目を集めている。しかし、これを一時的な流行だとして無視してしまうのは早計かもしれない。なぜなら、このテクノロジは登場したばかりで、しかもネットワーキングの状況を一変してしまうほどのポテンシャルを秘めているからだ。SDNが注目を集める理由は、このシステムに期待できる利点がどれもユーザーに本質的な価値をもたらすという点にある。本資料では、SDNについて、必要とされる背景からSDNの未来までわかりやすく解説している。

  • SDNの基盤となるBrocade VCSファブリック〜オーバーレイに必要なアンダーレイの世界

    SDNの基盤となるBrocade VCSファブリック〜オーバーレイに必要なアンダーレイの世界

    Software-Defined Networking(SDN)は、ネットワーク・サービスを集中管理し、迅速かつ柔軟性に富んだサービス展開を可能にするが、「複雑化」という新しい課題を生むという一面もある。Brocade VCS ファブリック・テクノロジは、優れた自動化機能や高い耐障害性を実現し、さらにはSDNの高度なテクノロジとソリューションと統合されたハードウェア・サポートをも提供している。本資料では、これらの詳細について解説する。

  • イーサネット・ファブリックとは何か?

    イーサネット・ファブリックとは何か?

    イーサネット・ファブリックは、従来の階層型アーキテクチャを凌ぐ、高水準の性能、リソース利用率、可用性、簡易性を実現するテクノロジーのこと。これにより、データセンターは、現在そして将来のビジネス要件に対応することができる。本資料では、イーサネット・ファブリックとは何か?について解説する。