IT導入支援

アセンテック株式会社、デル株式会社提供コンテンツ

2016年08月08日
 【特集】クライアント仮想化 最新事例

特集記事

  • 相次ぐ標的型攻撃への防御策「インターネット分離」を実現させるには

    相次ぐ標的型攻撃への防御策「インターネット分離」を実現させるには

    企業が保有する重要情報の漏えいが後を絶たない。日本年金機構やJTBなど、セキュリティ対策の訓練を高頻度に実施していた企業でも、不正アクセスによる情報漏えい事件が起こっている。このことからも分かるように、社員が使う端末、すなわちエンドポイントへのセキュリティ対策の重要性は高まるばかりである。こうした中で自治体を中心に進んでいるのが、社内ネットワークに接続する端末とインターネットに接続する端末を分離させる「インターネット分離」によるセキュリティ対策だ。これを実現させるために、これまで業種や用途が限定されがちだった「デスクトップ仮想化(VDI)」が再注目されている。

ホワイトペーパー