IT導入支援

東京日産コンピュータシステム株式会社提供コンテンツ

2016年07月27日
 【特集】今こそ、基幹システムのパフォーマンスを改善せよ

特集記事

  • 建設会社事例に学ぶ、基幹システムの課題を「敏腕プロジェクトマネージャ」はどう解決したか

    建設会社事例に学ぶ、基幹システムの課題を「敏腕プロジェクトマネージャ」はどう解決したか

    経営のさらなるスピード化のために、経営状況を「見える化」するビッグデータ分析は大きな経営課題の一つとなっている。しかし、増え続けるデータにより、基幹システムのストレージ容量の逼迫や、データ処理のパフォーマンス低下といった課題が顕在化しているケースも多い。将来の拡張性までも見据えたインフラ構成を設計、移行するために必要なことは何か。某大手建設会社が抱えていた基幹システムの課題を解決したプロジェクトマネージャに、プロジェクトの成功ポイントを聞いた。

掲載企業提供のその他ソリューション・事例

  • 基幹系システムにオールフラッシュストレージを導入すべきいくつかの理由

    基幹系システムにオールフラッシュストレージを導入すべきいくつかの理由

    IoTに代表されるように、企業があつかうデータ量は非常に大量になってきた。また、それらのデータが、企業内外に蓄積されBIツールなどで多角的に分析活用されはじめている。これらのビッグデータを活用する上で、多くの企業が頭を悩ませているのがデータ処理速度の問題だ。本資料では、急激に増加・肥大化するデータに対してオールフラッシュストレージを導入する際のポイントを、2つのケースを交えて解説する。

  • 基幹系システムのバッチ処理時間を1/3に短縮した「日本初」の事例とは

    基幹系システムのバッチ処理時間を1/3に短縮した「日本初」の事例とは

    これまで基幹システムの夜間バッチ処理に9時間かかっていたA社は、意思決定のスピードアップやグローバル事業の拡大のために、基幹システムの強化が急務になっていた。そこで、2006年に導入したサーバー更新をきっかけに、高速データ処理を実現できる基幹システムの検討を始めた。本資料では、サーバー更新を契機に最新のストレージを活用することで、処理時間を劇的に短縮した「日本初」の事例を紹介する。

  • 【事例:日産東京販売ホールディングス】本部主導で実現した営業活動の効率化

    【事例:日産東京販売ホールディングス】本部主導で実現した営業活動の効率化

    東京都内を地盤とするカーディーラーグループを統括する日産東京販売ホールディングス。同社では、ディーラーの東京日産自動車販売と情報システム会社の東京日産コンピュータシステムと共同で、傘下のディーラーにビッグデータを活用した予測分析サービスを導入。店長や営業スタッフの経験や勘に頼っていた顧客抽出から脱却し、グループ全体の営業活動効率化などの成果が得られている。本資料では、本部主導で進めた営業活動の効率化事例を紹介する。