IT導入支援

株式会社シーエーシー提供コンテンツ

2016年10月07日
 【特集】攻めのITを加速するベンダーマネジメント最適解

特集記事

  • ITR金谷氏xCAC佐別當氏:ベンダーマネジメントの最適解、こうすればうまくいく!

    ITR金谷氏xCAC佐別當氏:ベンダーマネジメントの最適解、こうすればうまくいく!

    欧米企業と比較すると、日本企業のIT部門に与えられたリソースは圧倒的に小さい。その中で、IT部門はシステムの運用・保守を行い、IoTやビッグデータなどの攻めのITも求められる。もちろん、SIerをはじめとするパートナーの協力はあるにせよ、リソースが絶対的に足りないのは否定できない現実だ。では、その厳しい条件下でベンダーとの関係はどう構築すればいいのか。さらに攻めのITに投資を行うために、守りのITの負荷やコストをどう削減すればよいのか。アイ・ティ・アール(以下、ITR) 取締役/プリンシパル・アナリスト 金谷敏尊氏とシーエーシー(以下、CAC) 業務担当執行役員 ソリューションカンパニー長 佐別當宏友氏に話し合ってもらった。

ホワイトペーパー

  • IT部門が「独立系サポート」を選ぶ7つの理由、ガートナーの調査も!

    IT部門が「独立系サポート」を選ぶ7つの理由、ガートナーの調査も!

    多くのIT担当者や財務担当者において、IT予算を緊縮化している中で、年間の保守料金の占める割合が大きくなっていることが大きな疑問になっている。そのため、より優れたサポートを求めて、ベンダーのサポートから移行しようとする動きが広がっている。その中で存在感を発揮しているのが、エンタープライズソフトウェアの「独立系サポート」だ。本資料では、ガートナーや各種ベンダー調査を通して、昨今の企業が独立系サポートを選ぶ「7つの理由」について解説している。