IT導入支援

ベル・データ株式会社提供コンテンツ

2016年12月26日
 【特集】データ戦略に革命をもたらす「データ仮想化」とは?

特集記事

  • データ仮想化とは何か?元大成建設CIOやパレットレンタルが語るデータ活用戦略

    データ仮想化とは何か?元大成建設CIOやパレットレンタルが語るデータ活用戦略

    デジタルビジネスの進展に伴い、「データ」の重要性は増すばかりだ。しかし、社内のデータは増加の一途をたどり、管理負荷が増大しているのに加えて、十分に活用するための仕組みづくりがうまく進んでいないという声も数多く聞かれる。これからの企業の「データ戦略」はどうあるべきなのか。Webセミナー「データ仮想化とは何か? デジタルビジネス時代の戦略を考える」において、元大成建設CIOのオラン 木内里美氏、日本パレットレンタル 黒岩暁氏、ベル・データ 小島勝氏、同 松本健氏に話を聞いた。

Webセミナー動画

  • 【動画】デジタルビジネス時代のデータ戦略を考える

    【動画】デジタルビジネス時代のデータ戦略を考える

    企業の急速なデジタルビジネスへのシフトが進む昨今、爆発的に増加を続ける「データ」の重要性がますます高まっている。企業内のデータを活用してアプリケーションの開発テストに取り組んだり、あるいはバックアップ/DR(災害対策)して適切に保護するにはどうすればよいのだろうか? 元大成建設CIOで全社の情報システム再構築プロジェクトに携わった木内里美氏、エンドユーザー企業の日本パレットレンタル 黒岩氏、ベンダーのベル・データ 小島氏・松本氏、そして編集部の各視点から、今の日本企業のIT部門のデータ戦略について、あるべき姿を議論する。

ホワイトペーパー

  • 企業向けソフトウェアベンダーのビジネスモデルが「時代遅れ」になった理由

    企業向けソフトウェアベンダーのビジネスモデルが「時代遅れ」になった理由

    景気回復の追い風が吹く中、企業の成長を支えるITへの投資予算も徐々に増えてきているようだ。とはいえ、業務プロセスの効率化、リアルタイム経営をはじめとする課題、変化し続けるサイバー攻撃への対策など、限られた予算の中であれもこれもと対策を講じられるわけではない。「投資するもの」「節約するもの」を見極め、賢く配分するべきである。このホワイトペーパーではIT投資予算の盲点――「節約」すべき年間保守料金の現実と、多くの支持を得ている「独立系サポート」について解説する。

  • 新生クラウドプラットフォームが提供する「最強の開発環境」とは

    新生クラウドプラットフォームが提供する「最強の開発環境」とは

    ここ最近のクラウド業界における熾烈な競争は、コスト低減やスピード感などが注目されがちだが、今後はイノベーションを起こすために、どのような付加価値を提供できるかが重要となってくる。顧客はアプリケーションプラットフォームを動かすために、さまざまなエンジンが必要となり、クラウドを活用したアプリにはIoTやブロックチェーン、ビデオソリューションなども求められるかもしれない。ここでではあらためて新生クラウドプラットフォームの特長を検証してみよう。