IT導入支援

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社提供コンテンツ

2017年02月13日
 【特集】 大規模化するサイバー攻撃 今エンドユーザーに必要な対策

特集記事

ホワイトペーパー

  • 海外から日本へのWebアクセスは遅すぎ? Webサイト運営者が取り組むべき3つの課題

    海外から日本へのWebアクセスは遅すぎ? Webサイト運営者が取り組むべき3つの課題

    海外への事業展開や海外顧客に対するサービス品質の向上は、日本企業の成長に必要不可欠な要素だ。これを実現するためには、全世界の幅広いユーザーへリーチでき、直接的にコンタクトが取れる「Webサイト」が重要な役割を担う。しかし、Webサイトの運営者は「海外から日本のWebサイトへのアクセスが遅くて耐えられない」、「海外に点在するWebサイトの統制が取れない」「サイバー攻撃への対応が難しい」といったさまざま問題を抱えている。Webサイトの運営者は今、これらの問題にどのような施策を講じればよいのだろうか。海外からのアクセス速度、セキュリティ、新技術への対応といった課題を一気に解決する手法について紹介しよう。

  • 導入後の活用が難しいWebサイトの多層防御、その理由と解決策を探る

    導入後の活用が難しいWebサイトの多層防御、その理由と解決策を探る

    Webサイトを狙ったサイバー攻撃がいま急増している。それを受け、ファイアウォールやIDS/IPSなどのセキュリティ対策に加えて、WAF(Web アプリケーションファイアウォール)を導入する企業も増えている。ライムライト・ネットワークスはクラウドフルマネージ型のWAFを含むセキュリティソリューションを提供し、最新の攻撃シナリオに対応可能なクラウドセキュリティ対策の導入・運用を手厚く支援している。

  • デジタルコンテンツをあらゆるデバイスに、世界中から場所を選ばず、スムーズにお届け

    デジタルコンテンツをあらゆるデバイスに、世界中から場所を選ばず、スムーズにお届け

    CDN(コンテンツ配信ネットワーク)とは、Webコンテンツや動画配信を高速かつ安定して配信することを目的として開発されたプラットフォームで、CDNのサーバー内にキャッシュを保管し、エンドユーザーから近いところから配信することにより、コンテンツの高速配信や負荷分散を可能とする。ライムライト・ネットワークスはデジタル時代の急速な変化に対応し、ビジネスをより発展させるための配信プラットフォームを提供。集中型CDNとグローバル規模のプライベートネットワークに加え、柔軟なセキュリティ配信オプションを利用することにより、堅牢かつ安定な配信を実現する。