IT導入支援

株式会社Donuts提供コンテンツ

2017年03月09日
 【特集】劇的に業務を改善する攻めのワークフロー戦略

特集記事

  • 会社の経費精算やワークフローシステムはなぜ「使いづらい」のか

    会社の経費精算やワークフローシステムはなぜ「使いづらい」のか

    稟議申請などによって、意思決定を円滑化し、業務を効率的に遂行したりするためのワークフローシステム。交通費精算をはじめ、すべての従業員が利用する経費精算システム。いずれも多くの企業が利用するシステムだが「とりあえず利用できればよい」と考えている企業も少なくないのが現状だろう。しかし、こうした状況に甘んじているとさまざまな弊害が生じることになる。そこから脱却するには何が必要なのか。また、これらのシステムを導入するときに考えるべき視点とは何だろうか。

ホワイトペーパー

  • 社内の全申請書をクラウド管理できる「ジョブカンワークフロー」とは

    社内の全申請書をクラウド管理できる「ジョブカンワークフロー」とは

    社内の申請・承認について、「申請書により承認ルートが違い、わかりづらい」「外出中は承認できない」「申請ミスが多く、修正が大変」「紙の申請書は管理が大変…」など数々の課題を抱えているはずだ。本資料では、こうした申請や承認に関するさまざまな悩みを解決できる「ジョブカンワークフロー」について、サービスイメージ、導入事例、導入効果、他の製品との比較、価格などについて紹介する。

  • 【導入事例】口頭やチャットの申請・承認を「仕組み化」してどう変わったのか

    【導入事例】口頭やチャットの申請・承認を「仕組み化」してどう変わったのか

    チャットでの申請管理の場合、チャットのログが流れてしまい、「承認状況があやふや」になってしまうことが多々ある。また、購入した物が届いた後に「いつ承認したものなのかわからない」などといった事態になることもあり、「経営層としては早めにワークフローを整えておきたかった」という。本資料では、2社のワークフローシステム導入前の課題と導入後の成果について紹介する。

  • 交通費かんたん精算、仕訳自動処理、外出承認が可能なクラウド型経費精算システムとは

    交通費かんたん精算、仕訳自動処理、外出承認が可能なクラウド型経費精算システムとは

    経費精算システムを導入していても、「毎月の交通費精算が大変…」「外出先から申請・承認したい」「毎月の仕訳処理、振込処理が大変…」など、数多くの課題を抱えている企業が少なくない。こうした課題に応えられるのが、クラウド型経費精算システム「ジョブカン経費精算」だ。本資料では経費精算の申請・承認に関する課題に応える「ジョブカン経費精算」について、サービスイメージ、導入事例、導入効果、他の製品との比較、価格などを紹介する。