IT導入支援

ベリタステクノロジーズ合同会社提供コンテンツ

2017年04月25日
 【特集】クラウド時代のデータ管理術

  • LIXIL事例:Office 365のメールアーカイブをグローバル規模で実現

    LIXIL事例:Office 365のメールアーカイブをグローバル規模で実現

    トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリアが統合して誕生したLIXILグループは、世界約150の国と地域で住生活に関連する商品を展開するグローバルカンパニーだ。2013年には、北米のアメリカンスタンダード ブランズとインドのスターアルビルドを子会社化し、2015年にドイツのグローエグループを子会社化し、世界の住生活産業を牽引する企業へと成長してきた。2015年には5万人規模でOffice 365のクラウドメールを導入し、そのアーカイブサービスを採用。会社の信用問題につながるような重要情報の保存、管理、開示に役立つクラウドベースのメールアーカイブサービスとはいかなるものだったのか?

  • クラウドデータ管理、どんな企業にも適用可能か?

    クラウドデータ管理、どんな企業にも適用可能か?

    企業によるマルチクラウド戦略の導入が続く中、柔軟性と俊敏性のバランスを取りながらリスクを制御し、クラウドに移行するメリットを最大限に高めるには、全社規模でのデータの可視性、クラウド移行の効率化、統合されたデータ保護が不可欠となる。本資料では「グローバルにデータの性質を知る」「クラウド移行もシンプルに」「データ保護も統合化」の3つのポイントをインフォグラフィックス形式で解説する。

  • パブリッククラウド導入に際して、押さえるべき3つの重要ポイント

    パブリッククラウド導入に際して、押さえるべき3つの重要ポイント

    クラウドは今や、企業ICTのあらゆる面で主流になりつつある。もはや、ビジネスには欠かせない「新たなスタンダード」といえるだろう。現時点でクラウドの用途の上位を占めるのは、データ保護、特にバックアップ、アーカイブ、ディザスタリカバリだ。しかし、パブリッククラウド導入に際して、何ページにもわたる法律用語に圧倒されてしまい、深く考えずにサインしようとしてはいないだろうか。本資料では、パブリッククラウド導入に際して押さえるべき3つの重要ポイントについて解説する。