IT導入支援

株式会社ドリーム・アーツ提供コンテンツ

2017年06月26日
 【特集】Notes討論会2017:ビジネス基盤はどうあるべきか

特集記事

  • Notes討論会2017:「他システムへの移行派」と「継続利用派」が激論した結果とは?

    Notes討論会2017:「他システムへの移行派」と「継続利用派」が激論した結果とは?

    スマホやソーシャル、チャット文化の台頭など、企業内外のコミュニケーションが大きく変化している。その変化の中で、現在多くの企業で利用されているNotes/Domino(以下、Notes)について、移行か継続か、あるいは塩漬けかを悩み続けている企業は少なくない。そこでビジネス+IT編集部ではオンラインセミナー「Notes討論会2017」を開催。「Notes移行推進派」としてNotes移行ソリューションを手がけるドリーム・アーツの栗木楽氏、「Notes継続派」としてIBM Championをつとめるエフの御代政彦氏、そして中立的な立場からアイ・ティ・アール(以下、ITR)のシニア・アナリストである舘野真人氏が一堂に介し、それぞれの意見をぶつけ合った。