IT導入支援

会員限定

株式会社日本HP提供コンテンツ

2017年06月06日
モビリティ、セキュリティ コラボレーション、3つの視点で考える 「働き方改革」を推進する   企業のデバイス選び

労働力人口の減少や人々の価値観の変化、テクノロジーの発達などの要素が絡まり合い、「働き方改革」はもはや国を挙げての大きな波となっている。この改革をお題目だけでなく、実効的なものにするためには、社内制度やITシステムの刷新だけでなく、クライアントPCを始めとするデバイスの改革も大きな役割を担う。では、働き方改革を加速するデバイスとは、どのようなものだろうか?


もはや「働き方改革」は待ったなしの状況

 少子高齢化に伴い労働力人口が減少していく日本では、柔軟な働き方を実現して多様な人材を確保し、長時間労働を減らして生産性を向上させる──つまり、「働き方改革」が急務だ。日本政府も働き方改革を「最大のチャレンジ」と見なし、2100億円規模の予算を投じるなど、推進に向けて積極的な動きを見せている。

 実際、人材を重視する企業では、既に働き方改革を実践しているところも少なくない。在宅勤務やモバイルワーク、サテライトオフィスといった「テレワーク」環境を拡充し、完全フレックス制度や週休3日制度を導入するなどの動きは、今後ますます加速していくはずだ。

photo

少子高齢化、ダイバーシティ、グローバル化など様々な要因から、企業の働き方の改革が叫ばれている


 こうした働き方改革を実効的なものにするためには、具体的な制度の導入はもちろん、組織体系や評価制度の刷新、業務のやり方、ITシステムまで、さまざまなレイヤーで改革が必要となる。中にはもちろん、クライアントPCを始めとするデバイスの改革も含まれる。

 クライアントPCは、多くの従業員がビジネスを進める上で最も長く触れるものだ。いつでもどこでも、オフィスと同様の業務を行える「制度」が仮に整ったとしても、「デバイス」がテレワークに適さないものであれば、働き方改革は単なるお題目、一時的なキャンペーンで終わってしまうだろう。

 では、働き方改革を加速するデバイスとは、どのような特長を備えたものだろうか? 大切な要素は3つある。テレワークでも持ち運びやすく使いやすい「モビリティ性能」、持ち出してもリスクの少ない「セキュリティ機能」、そして離れていても生産性を損なわない「コラボレーション機能」だ。ここからは、それぞれの要素を具体的に検証して、最適なデバイスを探っていこう。

この続きは会員限定です