ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2007年04月19日

経営革新を支える日本のCIO

【CIOインタビュー】 ラストリゾート 会社の危機を救ったのは、ベンダー出身の技術者

海外での生活をサポートする企業、ラストリゾート。その基幹システムの入口は、かつてインターネット上にあった。そんな会社の危機を救ったのは、ベンダー出身の技術者だった。

【マネジメント】『CIOインタビュー』ラストリゾート 情報システムグループ チーフ 名取和高氏

ラストリゾート 情報システムグループチーフ 名取和高氏


名取和高氏 (Kazutaka Natori)
ラストリゾート 情報システムグループ チーフ

IT系企業勤務を経て、2003年にラストリゾート入社。
基幹業務システムのアウトソーシングから社内運用への切り替えを皮切りに、IT資源調達フローの確立、セキュアなイントラネット/IP電話内線網/IT資産管理システムの構築、プライバシーマーク取得、業務改革/基幹業務システム刷新に携わる。



海外での生活をサポートする会社


 国際化の進展で、誰もが海外へ行く時代になった。同時に、海外へ飛び出し勉強したい、暮らしたいと考える人も増えた。いろいろな不安を抱えながらも、海外に身を置きたいと考える人たちをサポートするのがラストリゾートの役目で、社名には「最後の切り札、最後の手段」の意味を込めた。実りある海外生活に欠くことのできない存在として、力強く、そして温かくサポートする。人それぞれが自立する「切り札」としてありたい、そんな思いで、国内外のオフィスでカウンセリングなどのサポート活動を行っている。

 情報システムグループチーフの名取氏がラストリゾートに入社したのは、2003年のこと。当時はまだ情報システム部門がなく、名取氏がその立ち上げを担当した。入社してすぐに、企画から構築、運用までを1人でこなせたのは、前職が今の立場と逆のベンダーだったからだ。


イントラネットがなく、危険な状態だった


 まず手がけたのは、セキュアネットワーク構築プロジェクト。それまでは、全国主要都市にある支店間ネットワークが構築されておらず、ファイルの転送などができないため業務上のボトルネックになっていた。また、基幹業務システムもイントラネットでの通信ができなかったためにインターネット上に乗っていて、入口までは誰でも閲覧できる状態にあった。あまりの無防備さに、名取氏は衝撃を受けた。「SSL(セキュア・ソケット・レイヤ)くらいしかセキュリティがかかっておらず、非常に危険な状況。辞めようかと思った」と名取氏は振り返る。そこで、インターネット上でVPN(仮想プライベート・ネットワーク)という仮想専用線を使うセキュアなネットワークを構築し、企業内のイントラネットのシステムにした。

 名取氏が入社したことで、システムに対する社内の認識が変わった。それまでは、基幹システムが業務の変革スピードについていけず、現場が独自のやり方でMicrosoft Excelを利用して業務を処理するといったことも見受けられた。

「経営層は、基幹業務システムに投資した金額に対して対価が得られていない、という認識でした。そういうシステムに対するトラウマ的なものがあり、IT投資の起案に対する決裁をいただくためのアプローチの仕方を考えることに、非常に時間がかかりました」と名取氏は言う。

「何度も打ちのめされそうになりました。しかし、そこで負けてはいられないので、頑張りました。自分にはSIer(顧客の問題点を聞き出し、それを解決する情報システム構築などを一括して行う技術者のこと)をしていたプライドがありますし、血が騒ぎましたね。一方で、何もないところから自分の頭で考え、それを自分の力で具現化することや、情報システム部門自体を自分の体制として築ける環境にあったので、そこにやりがいも感じていました。」


ベンダー出身だからやりづらいこともある


 ベンダー選びに関して、気心の知れた昔の仲間に頼んだと思いきや、そこは意外にも新規開拓している。そのベンダーの戦略やコストのかけ方などを隅々まで知っているからこそ、そこを取引先にすると逆にやりづらいと感じて、あえて避けたのである。

 今、名取氏は、社内のPCとその使われ方などの、いわゆるIT資源を一元管理/把握できるインフラ構築のプロジェクトである「IT資源管理プロジェクト」を第一歩とし、情報セキュリティの強化に乗り出している。

「当社の場合は、まだまだリテラシも低く、情報セキュリティの体制が万全ではないので、セキュリティマネジメントを強化しようと考えています。メールソフトもOutlook Expressなどでしたから、データがローカルPCに保存され、そこから情報が漏洩する危険性があしました。そこで、外部に漏らしてはいけない電子データは情報システム部門がすべて一元管理して、ネットワークの監視などをしていくという運用管理体制を敷きました。」

 ようやく、ネットワークインフラが整備されたラストリゾート。残念ながら、社内のITリテラシはまだまだ低いと名取氏は言う。システム部門の人員は名取氏を含め3人。研修で支店を回り、リテラシの向上に努めるという段階にはまだ達していない。

BPM・BPR ジャンルのトピックス

一覧へ

BPM・BPR ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング