ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2006年12月13日

無料で独自ドメイン取得「Microsoft Office Live」ベータ版利用の手引き

クレジットカードがあれば無料で独自ドメインをもてる「Microsoft Office Live」の日本語版の提供が開始された。メール、ホームページ作成サービスのほか、専用ワークスペース、社内の予定管理、グループウェア機能など小規模企業向けに提供されるサービスだが、個人も対象に含まれており気軽に独自ドメインのメールアドレスが取得できる。ここでは取得の仕方、注意すべき点などについてご紹介する。

24時間であっさり独自ドメインがとれた
24時間であっさり独自ドメインがとれた
 マイクロソフトは12月11日、インターネットを通じて提供される小規模事業所向けサービス「Microsoft Office Live日本語版」の試験運用を開始したと発表した。

 Office Liveは2月より米国で先行提供されているサービスで、独自ドメインによるWebサイトの構築やメールアカウント、専用ワークスペース、社内の予定管理、グループウェア機能などをインターネット上で一部無償で提供するというもの。Exchange、SharePointを持つことができない、または持つ必要がない小規模事業主(従業員数10名以下)、個人事業主、個人向けが対象となっている。ここでは特に独自ドメインを無償で利用できる点に注目してほしい。

 OfficeLiveには3つのラインアップが用意されている。1つは無償の「Basics」、ほか2つは有償となる「Essentials」と「Premium」だ(ラインアップ詳細は文末)。

 現状、無償となる「Basics」を含めすべてのサービスにおいて、登録にクレジットカードが必要なほか、カード1枚に付き1IDしか取得できない

 しかし、「Basics」でも「.com」「.org」「.net」の好きなドメインを「未来永劫無償で(マイクロソフト 田中氏)」利用できるほか、アカウントごとに2GBまで利用可能な25個の電子メールと、500MBまでは自由に利用できるWebサイトが無料で利用できる。

 有償の「Essentials」では、Basicsの内容に加えて、Webサイト容量が1GBになるほか、専用ワークスペース(WS)500MBとWS用のユーザーアカウントを10個、Outlookと連携可能な連絡先管理ツールなどが加わる。

Office Liveのアーキテクチャ
※クリックで拡大
Office Liveのアーキテクチャ
 「Premium」ではWebサイト容量が2GB、専用WSが1GBで20アカウント利用できる。また、グループウェア、プロジェクト管理ツール、その他ビジネスを支援するテンプレートが付属するという。「Essentials」「Premium」はともにβテスト中は無償。2007年2Qには正式サービスを開始する模様で、すでに正式版を提供している米国での価格はそれぞれ19ドル95セント/月と39ドル95セント/月となっている。

 通常、「.com」ドメインを取得しようとすると年間1000円〜3000円くらいの費用がかかるが、「マイクロソフト デジタル アドバタイジング ソリューションズ」を利用することで広告収入をベースに無償化することができたという。また、Office Liveで利用されるアーキテクチャはいわば既存資産の活用。SharePoint ServicesやWindows Liveなどのプラットフォームを統合することでシナジーを得ている形だ。

無料版、実際の使い勝手は?

その他機能の詳細

詳細項目Office Live Basics BetaOffice Live Essentials BetaOffice Live Premium Beta
独自ドメイン
登録可能なドメインの種類.com, .net, .org.com, .net, .org.com, .net, .org
追加可能なドメインの種類(有償).com, .net, .org, .jp.com, .net, .org, .jp.com, .net, .org, .jp
電子メールアカウント255050
電子メール容量/アカウント2GB2GB2GB
Microsoft Outlookとの連携
Web サイト ホスティング
Webサイト容量500MB1GB2GB
Webデザインツール(Microsoft Office Live Site Designer)
HTMLコーディング/アプリケーション対応
トラフィックレポートツール(Advanced Web Analytics)
専用ワークスペース
ユーザーアカウント1020
専用ワークスペースストレージ容量500MB1GB
連絡先管理ツール
ファイル/画像共有ツール
プロジェクト管理ツール
グループウェア(GroupBoard Workspace の機能)
その他テンプレート
電話サポート(通話料無料)
月額利用料金無償有償・価格未定(米国では19.95ドル、ベータ期間中は無償)有償・価格未定(米国では39.95ドル、ベータ期間中は無償提供)

セミナー

一覧へ

トピックス

一覧へ

IT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング