ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2007年07月25日

NECが新開発したロスレス画像圧縮技術、金星探査計画に採用

NECは、既存規格と同等の圧縮率を保ちながら、圧縮速度を大幅に高速化したロスレス画像圧縮技術の開発に成功した。

 この研究成果は、2010年から実施される宇宙航空研究開発機構の金星探査計画において、衛星写真のロスレス画像圧縮方式として採用される予定。

 新開発のロスレス画像圧縮技術の主な特長は以下の通り。(1)ロスレス画像圧縮の国際標準規格であるJPEG-LSやJPEG2000の可逆モードと同等の圧縮率を備えつつ、既存規格の10倍〜数十倍の圧縮速度を実現。カラー写真を用いたソフトウェア圧縮実験でJPEG-LSの10倍以上、JPEG2000可逆モードの30倍以上の速度を達成、(2)画像を低解像度から順次圧縮展開するプログレッシブ符号化・復号機能に対応、(3)一般的な各色8bit階調から、より高精度な16bit階調までの自然画像に対応しており、医療・衛星写真など、科学解析や原本保存に必要な精度をカバー、(4)自然画像のロスレス画像圧縮に特化した新アルゴリズムの開発により、圧縮処理に必要な回路規模を小型化。ハードウェア回路への実装試験により、JPEG−LSより約20%小さく、可逆モード対応JPEG2000の1/10の回路規模で圧縮処理を実現など。

 ロスレス画像圧縮は圧縮展開時に画質劣化が生じないため、(1)衛星写真などの科学解析用途、(2)医療画像など原本保存が必要な用途、(3)デジタル一眼レフなどの高品位デジタルカメラといった高精細画像を扱う用途への応用が期待されている。しかし、一般に、ロスレス画像圧縮では情報の切り捨てが許されないため、多くの演算が必要となる。この結果、圧縮処理が非常に重くなり、大規模な画像データへの応用や低電力デバイスへの搭載が難しいという問題があった。

セミナー

一覧へ

トピックス

一覧へ

IT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング