ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2010年03月15日

ビーブレイクシステムズ 営業担当取締役 高橋 明氏

競合他社の新サービスで苦境に陥った、とある会社の新規投資【事例から学ぶ、OSSでコスト削減を成功させるコツ (2)】

今回事例としてご紹介するE社は、中堅の総合リサーチ会社だ。同社は、競合他社の新サービスで苦境に陥り、構築費、運用費をおさえつつ、早期に新サービスをスタートする必要があった。この事例を通して、最適なベンダーコントロールを行うためのコツをご紹介しよう。

執筆:高橋 明

競合他社の新サービスで苦境に陥ったリサーチ会社の新規投資

■E社の新システム導入の背景

 今回ご紹介するE社は、中堅の総合リサーチ会社だ。同社では、顧客から特定分野の調査・アンケートの実施の依頼を受け、その調査・アンケート結果をレポートにまとめ、顧客に納品する事業を展開していた。また、顧客からはレポートだけでなく、そのアンケート結果のデータを用いて各種分析をしたいとのニーズがあり、そのニーズに応えるために有償で希望する顧客にデータ分析ツールを提供していた。

 しかし、E社と競合する複数の企業において、有償調査の付帯サービスで同様のツールの無償提供を実施していた。そのため、自社のデータ分析ツールの有償サービスや調査の受注が伸び悩み、新規顧客の開拓で苦戦を強いられていた。

 新規顧客を獲得するためには、無償のデータ分析ツールを提供しなければならない状況下にあったが、今まで有償で提供していた分析ツールを無償化するのは難しい事情があった。というのも、そのツールの基盤部分に用いているソフトウェアが、ある企業の商用製品であり、かつ、ユーザーライセンス形式だったため、顧客にツールを提供するたびに、そのライセンス料をE社がすべて負担する必要があったためである。

 そこで、E社は付き合いのあったベンダー数社に声をかけ、無償で提供するデータ分析ツールの見積りを依頼した。

■新システムの機能要件

 本ツールは、収集したアンケートデータ(レコードファイル)をアンケート定義情報(下記参照)にマッピングし、ユーザー企業が各種分析(例:年齢層ごとの回答結果の分布状況を確認するといったこと)を行うものであった。

アンケート定義情報

    <アンケートの基本情報>
  • アンケート名
  • 配布方法(メール、WEB、紙など)
  • アンケート実施期間
  • アンケート対象者の年齢層
  • 性別

    <設問の内容や回答方法>
  • テキスト入力
  • ラジオボタン入力(複数選択肢から1つを選択)
  • チェックボックス入力(複数選択肢から該当するものを選択/複数選択可)
  • 日付・時間入力

なお、アンケート定義情報は既存システム(データマップ作成ツール)で作成する。

 そして以下が、デスクトップ集計ツールおよびアンケート定義情報を作成する既存システム(データマップ作成ツール)の機能概要である。

既存or新規主な利用者ツール名称機能詳細機能詳細の内容
既存システムE社およびE社の所属の契約調査員データマップ作成ツール新規作成・編集機能 データマップ(アンケート定義ファイル)の新規作成、編集、データチェック
出力機能データマップの保存(XML形式)、HTML形式での出力
新規構築システムE社顧客企業デスクトップ集計ツールデータ読込機能データマップ、レコードファイル(回答結果)の読込
データ集計機能データマップ、レコードファイルによるデータ集計
集計表の表示
データ出力機能集計テーブルの出力(Excelによる出力)
プロジェクト保存機能作成したプロジェクトの保存


■E社の設定した前提条件

 E社はデスクトップ集計ツールの構築に関して下記前提条件をベンダーに提示した。

    <前提条件>
  • 予算金額が限られていること
  • 導入後のライセンス費用が発生しないこと
  • クライアントサイドのみで稼働するソフトであること(ただし、アップデートの手間がかかるのは不可)
  • 操作性がよいこと


>>次ページ ベンダーコントロールのコツ

ITコスト削減 ジャンルのセミナー

一覧へ

ITコスト削減 ジャンルのトピックス

一覧へ

ITコスト削減 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング