ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2010年11月25日

中国側システムを日本側と同じにするか、個別に構築するか

中国に拠点を展開する際の留意点:中堅・中小企業市場の解体新書(22)

第20回では「中堅中小企業が中国へのビジネス展開をどう捉えているか?」について取り上げた。今回はそれを一歩進めて、実際に中国へ進出する場合の課題を考えてみよう。「三資企業」と呼ばれる三つの基本的な企業形態、税制に関する知識、独特のビジネス慣習や心構えなど、知っておくべきことは山ほどある。だが、本稿では「中国拠点におけるIT活用」にポイントを絞り、ユーザー企業に対する調査結果も踏まえながらノウハウをご紹介していこう。

執筆:ノークリサーチ 岩上由高

中国展開におけるITの活用

 以下のグラフは年商500億円未満の日本国内中堅中小企業に対して、「中国国内拠点のIT導入に取り組む際の依頼/相談の相手」を尋ねた結果である。同調査では、既に中国国内に拠点を持った上でビジネスを展開している企業と(以下、展開中の企業)、今後取り組みを予定している企業(以下、予定している企業)に分けて結果を集計している。

 展開中の企業は、それなりの試行錯誤を経て現在に至っているはずだ。そのため、予定している企業との結果の差異を探れば、中国国内拠点のIT導入における依頼/相談の相手を検討する際の留意点を見出すことができるという仮説が成り立つ。

photo
(クリックで拡大)

図1 中国国内拠点のIT導入に取り組む際の依頼/相談の相手


 それではこのグラフをもとに詳細をみていこう。

【次ページ】 中国展開におけるIT活用の留意点

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

一覧へ

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング