ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2011年03月02日

東京エレクトロン デバイス株式会社 尾田智宏氏 インタビュー

【インタビュー】データセンタ、プライベートクラウドの構築・運用コストを大幅削減できるキーテクノロジーに迫る!

データセンタ事業者やプライベートクラウドの構築を検討している企業で、FCoE/DCBという技術が注目されている。端的に書けば、SAN(Storage Area Network)とLAN(Local Area Network)を統合する技術だが、なぜいま注目が集まっているのだろう。SANの市場で圧倒的なシェアを誇り、FCoE/DCB関連製品も市場に投入しているブロケード社の代理店である東京エレクトロン デバイス株式会社のキーパーソンに、技術背景、市場動向とともに話を聞いた。

高まるクラウドへのニーズ、対応を急ぐインフラ提供企業

photo

東京エレクトロン デバイス株式会社
CN事業統括本部
CNプロダクト事業部
プロダクト技術2部
尾田智宏氏

 すでにクラウドは、我々の生活に深く根付きつつあるといっていいだろう。スマートフォンで撮影した画像をクラウドのストレージに保存したり、Webメールで情報をやりとりしたりすることは当たり前になった。企業においても、社内システムをクラウド型のサービスに置き換える動きが加速している。社内でクラウドを提供するために、プライベートクラウドを構築する企業も出てきた。

 クラウドへのニーズの高まりとともに、データセンタをはじめとするクラウドを支えるインフラ側の動きも慌ただしくなってきた。具体的には、多様化するユーザーニーズにこたえるため、インフラ強化の動きが目立ってきたのだ。こうした動きについて、東京エレクトロン デバイス株式会社 CN事業統括本部 CNプロダクト事業部 プロダクト技術2部 尾田智宏氏は次のように説明する。

「データセンタにおいてもプライベートクラウドを構築する企業においても、省電力・省スペース、シンプルなシステム構成・運用を実現することで、低コストで効率のよいサービスを提供することが求められています。そのために急速に普及したのが、サーバ仮想化やストレージ仮想化などの統合テクノロジーです。ところが、ネットワークに関しては、SAN、iSCSI、NASなどの通信プロトコルごとにネットワークが分かれているため、統合が遅れているのが実態です。そこで注目されているのがFCoE/DCBという技術です。FCoE/DCBにより、複数のプロトコルを束ねてネットワークをシンプルにすることができるのです」(尾田氏)

クラウド ジャンルのセミナー

一覧へ

クラウド ジャンルのトピックス

一覧へ

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング