ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2011年03月04日

Android OS、米ニールセンの調査でも初の1位 台湾HTCが躍進

Android市場が拡大している。米調査会社ニールセンが3日に発表した米国のスマートフォンユーザーを調査した結果によると、OS別シェアで米グーグルのAndroidがアップルのiOS、RIMのBlackBerryを抜いて首位に立った。

 Android市場が拡大している。米調査会社ニールセンが3日に発表した米国のスマートフォンユーザーを調査した結果によると、OS別シェアで米グーグルのAndroidがアップルのiOS、RIMのBlackBerryを抜いて首位に立った。これまでも他社の調査ではAndroidが首位になった発表はあったが、同社の発表では初めてとなる。

 発表によれば、Android OSのシェアが29%で1位、AppleのiPhoneのOS(iOS)とRIMのBlackBerryが27%でほぼ同率の2位となっている。これに、マイクロソフトのWindows MobileとWindows Phone7(WP7)の10%が続き、2月にマイクロソフトとの提携を発表したノキアのSymbian OSは2%にとどまった。

 メーカー別では、アップルとRIMがメーカーシェアとしてはそれぞれ1位となった。Android陣営ではHTCが12%、モトローラが10%、サムスンが5%で、その他が2%だった。HTCは、Android向けのほか、Windows向けでも7%のシェアを持ち、合わせると上位2社に肉薄している。

photo

米国スマートフォンユーザーのメーカー別OSシェア


 さらに、各スマートフォンOSの年齢別の割合も発表。端末価格の幅が広いAndroidは若年層に、iOSは幅広い年齢層に、BlackBerryはさらに高年齢層に受け入れられているのがわかった。

photo

米国スマートフォンユーザーの年齢別OSシェア

お勧め記事

IT市場調査 ジャンルのトピックス

一覧へ

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ニールセン 市場調査

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング