ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2011年07月29日

現代を乗り切るための「中堅中小企業を変える!会計」

中堅中小企業のための最新会計基準TIPS <後編 ・ IFRS、中小企業への影響とは?>

こんにちは。公認会計士・税理士の山本真美子です。前回IFRSの概要について、ざっくりとご説明させていただきました。今回はIFRSの中小企業への影響をご説明します。

執筆:山本真美子

日本におけるIFRS強制適用の時期

 前回お話したとおり、日本版ロードマップの公表により一定の要件を満たした場合にはIFRSの任意適用が認められるようになりました。IFRSの強制適用の時期は当初2015年ではとされていましたが、実は2011年6月21日に金融庁の方から“IFRS適用に関する検討について”というIFRSに関する重大な発表がありました。これは前回お話した会社の分類の中の【1】の上場会社でありかつ連結財務諸表を作成する会社にIFRSを強制適用する時期を2015年から延期する、というものです。

 以前よりIFRSを制定する機関であるIASBとUS-GAAPを制定する機関であるFASBとの間の調整に時間がかかっていることなどにより2015年を日本におけるIFRSの強制適用の導入時期とすることは疑問視されていましたが、アメリカがあくまでIFRSを部分的に取り入れたUS-GAAPの適用継続を検討する等アメリカにおけるIFRS適用の動きが鈍っており、さらに3月の東日本大震災により産業界からの要望書が提出されたこと等を理由に日本は2015年にIFRSを強制適用することを見送りました。ただしIFRSの任意適用が認められている事は変わらず、住友商事が2011年3月期の有価証券報告書を、日本板硝子工業が2011年6月期の四半期報告書をIFRS基準で開示することを公表しています。今までは強制適用するかどうかも不確かでしたが、金融庁がIFRSの強制適用時期を延期すると表明したということは、逆にいつかIFRSを強制適用することになるともとれます。

 では具体的なIFRSの影響をみていきましょう。

この記事の続き>> IFRSを適用した場合に現行の日本の財務諸表に
              大きく影響を与える項目とは?

お勧め記事

財務会計・管理会計 ジャンルのセミナー

一覧へ

財務会計・管理会計 ジャンルのトピックス

一覧へ

財務会計・管理会計 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング