ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2011年09月16日

「コミュニケーション」から「インタラクション」へ

電話、メールを超えるか?新ツール「グループチャット」とは:○○はビジネスになるか

無料IP通話サービスで世界を制覇したSkypeが「GroupMe」という小さなベンチャー企業を買収した。この創業1年のベンチャーが手がけるのは、最近急激に注目を集めている「グループチャット」というサービス。読んで字のごとく、グループで行うチャットで、内容に応じてグループ(メンバー)を簡単に自在に構成できるのが特徴だ。モバイル+ソーシャル、さらに、実名による交流を組み合わせた、ソーシャルサービスの次のトレンドだ。

執筆:行宮翔太

創業1年のベンチャーに39億〜66億円の値

photo

iPhoneでGroupMeを利用している画面

photo

既存の連絡先をグループ化するだけなので操作は非常にシンプル

 GroupMeはテキストベースのグループチャットを提供しており、サービスの開始は2010年10月。創業1年で従業員はわずか20人のベンチャー企業である。Skypeは買収額を公表していないが、メディアの報道では少なくとも5000万ドル(約39億円)、最大で8500万ドル(約66億円)を支払ったと伝えられている。GroupMeはサービスを無料で提供しており、現段階ではこれといった収入源はない、にもかかわらずだ。グッズの販売はしているものの、売り上げは「ないに等しいレベル」とみられている。

 GroupMeでは、端末の連絡先リストの中からメンバーを選んで、複数のユーザーと同時チャットができ、全員に同じメッセージを送ったり、受け取ったりできる。各グループには固有の番号が振られるので、一度設定したグループとの連絡はワンタッチで開始できる。基本はデータ通信を利用するが、通信環境がよくない場合は自動的にSMSに切り替わるなど使い勝手が工夫されている。

 モバイル端末向けのアプリを作って無償配布しており、現在、iPhone、Android、BlackBerry、Windows Phoneに対応している。グループチャットの基本機能に加え、メッセージに位置情報を付加して送信したり、メンバーの位置を地図で確認する機能などを備えている。こうして位置情報と連動することで、集合に使ったり、メンバーの現在位置を踏まえた共同作業などが可能になる。

 Skype側は買収を決めた理由について、「マルチモード、かつ、マルチプラットフォームのコミュニケーションを世界的に展開するビジョンを現実にするものだ。既存の音声・ビデオ通話に加え、スカイプの機能が充実する」と説明している。一方のGroupMeは「Skypeの1億7500万人のユーザーにアクセスできるようになった」とコメントしている。

百花繚乱のグループチャット

 こうしたグループチャットのサービスを展開している企業は非常に多い。ざっと数えただけでもすぐ両手に余る。たとえば、米Webメディア「businessinsider」は、GroupMe買収発表を受けて、GroupMeをグループチャット戦争の勝者と認定し、“GroupMeに破れた10のサービス”という記事を掲載した

 ここで名前が挙げられたライバルは、Fast Society、Yobongo、Disco、Betwext、Brightkite、CloudTalk、HeyWire、Grouped{in}、GroupFlier、Kikの10サービスだ。このうちBrightkiteは以前、Forsquareなどとともに紹介した「チェックイン型サービス」の草分けでもあったが、2010年末に突然、グループチャットに方向転換し、現在はGroupMeのクローンのようなサービスを提供している。

 この分野にはほかにも、TextPlus、WhatsAppなどモバイル対応の有力なグループチャットがひしめいており、それぞれ飛躍を狙っている。GroupMeは、これらの中でも頭一つ抜け出たわけだが、以前から人気は高く、テクノロジーブログ「The Next Web」のライターが、Twitterのフォロワーに、どのグループチャットが好きか聞いたところ、GroupMeが得票でほぼ半分。以下、Beluga(29%)、FastSociety(23.5%)の順だったという

 2番目のBelugaは、今年3月にFacebookが買収(買収額は非公表)を発表したので知っている人も少なくないだろう。3番目のFast Societyは、GroupMeに最も近い位置にいたライバルという。評判もよく、昨年10月、ブログメディア「TechCrunch」はイベントに参加したエンジェル投資家たちが、壇上でこのサービスに夢中になってチャットしていたことをレポートしている

 このように興隆するグループチャットサービスだが、これらのサービスを盛り上げているキーワードはまさに「グループ」なのである。

【次ページ】「コミュニケーション」から「インタラクション」へ

電子メール ジャンルのセミナー

一覧へ

電子メール ジャンルのトピックス

一覧へ

電子メール ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング