ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2012年03月14日

京都大学、仮想デスクトップ導入などで従来比60%の消費電力を削減

NECは、京都大学の「教育用コンピュータシステム」を構築し、3月から稼動開始したと発表した。

 日本電気(NEC)は、国立大学法人京都大学の「教育用コンピュータシステム」を構築した。

 教育用コンピュータシステムは、学生や教職員が学内の演習室において、教育や研究のために利用する情報処理設備。京都大学はこのたび、約1,400台の演習室端末をシンクライアントシステムで一新するとともに、遠隔地からも利用可能な仮想デスクトップサービスを導入した。

photo

学術情報メディアセンター マルチメディア演習室


 同システムでは、基幹サーバ台数を半減、端末には低消費電力の小型ワークステーションを採用するなど、従来に比べ消費電力を60%削減することで省エネ環境を実現する。また、多言語対応のOSを採用することで、利用者の使用言語に応じたデスクトップ環境やオフィスアプリケーションの利用が可能となり、増加する留学生にも配慮したサービスを提供する。

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのトピックス

一覧へ

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

関連キーワード

省エネジャンル 事例 NEC

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング