ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2012年09月13日

著作者と出版社の関係変化

電子書籍にも影響大? 出版社が欲しがる「著作隣接権」とは何か

出版社に対して「著作隣接権」という、「著作権ではないが、それと似た権利」を与えるべきではないか、という議論が活発になっている。「海賊版対策」「電子書籍時代を睨んだ権利」といった、断片的な情報は一般ニュースサイト等にも掲載されているが、実際にいかなる権利が創設されようとしているのか、その権利によって何ができるようになるのか、どのような問題が発生し得るのか、といった点について、体系立てられた解説を読んだことがない人が多いはずだ。本稿では、現在創設が検討されている権利(以下「出版物に関する権利」という)について概論を述べる。

執筆:弁護士 河瀬 季

「著作隣接権」と「出版物に関する権利」

 「著作権」は、著作物について、その「著作者」に認められる権利だ。例えば油絵の著作者は画家で、楽曲の著作者は作曲家で、小説の著作者は小説家なので、「著作権」を得るのは画家や作曲家や小説家であり、レコード会社や出版社ではない。

 これに対し、「著作隣接権」とは、著作者以外が持つ著作権法上の権利(のうち差止請求権を認められているものを指すが、これは法律上の分類であり、あまり意味はない)。即ち、「著作者ではないが、著作権法上で何らかの権利を認められている」という場合に、その権利が「著作隣接権」と呼ばれる、という順序だ。「出版社に著作隣接権を与える」という場合に、その権利の中身が、あらかじめ一義的に決まっている訳ではない。どのような権利を与えるかは、権利付与の目的や必要性、弊害などを考慮しながら決定されるべき問題だ。

 現在議論されている、出版社に与えられようとしている権利(出版物に関する権利)は、音楽について、レコード制作会社に認められている権利に似ているが、完全に同じという訳ではない。

「出版物に関する権利」の概要

 では、現在議論されている「出版物に関する権利」とは、どのような権利だろうか。

お勧め記事

知財管理 ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング