ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2012年11月15日

ラック西本逸郎氏xヤマハ鼎談:スマートフォン時代の無線ネットワーク構築術

スマートフォン、タブレットの業務利用が進むにつれて、企業内ネットワークのあり方にも変化が求められている。その1つが無線LAN対応だろう。有線だったものが無線になると、目に見えないこともあって、安全かつ確実に構築や運用を行うのも難しくなる。しかし、こうした環境の変化は、実は中堅中小企業にとってチャンスでもあるとラック 専務理事 西本 逸郎氏は指摘する。その西本氏と法人向けルーター市場を牽引するヤマハの平野 尚志氏、瀬尾 達也氏が鼎談を行った。

今日のネットワーク管理に見られるトレンドと求められる方向性

photo

ラック
セキュリティ技術統括 専務理事
西本逸郎氏

1986年ラック入社。一貫して通信系ソフトウェアやミドルウェアの開発に従事。2000年よりセキュリティ事業に身を転じ、日本最大級のセキュリティセンターJSOCの構築と立ち上げを行う。さらなるIT利活用を図る上での新たな脅威への研究や対策に邁進中。情報セキュリティ対策をテーマに官庁、大学、その他公益法人、企業、各種ITイベント、セミナーなどでの講演、新聞・雑誌などへの寄稿など多数。

西本氏:昨今の企業を取り巻く変化の一つに、社内ネットワークのオープン化が挙げられると思います。これはパブリッククラウドなど企業で利用するアプリケーションの増加や、アクセスする端末の多様化といったことです。そのため、社内だけをセキュアに守っていればいいという時代ではなくなってきました。

 とはいえ、守るべきものはきっちり守らなければなりません。ですから、ネットワーク管理にも「選択と集中」の考え方が必要になってきたのです。なんでもかんでも防護するのではなく、中核的な部分はしっかり守って、それ以外は少し管理の手綱を緩め、スマートフォンやタブレット向けに無線LANを提供するといった方法が現実的なのだと感じています。

平野氏:無線LANは本当に必要になってきましたね。弊社は主に中堅中小企業のお客さまを対象に、ネットワーク活用支援を行ってきたのですが、従来は有線LANだけを考えていれば事足りていました。これまではPCが中心の世界で、無線LANは敷設の難しさやセキュリティの問題から敬遠されていたのかもしれません。

 それがスマートフォンやタブレットが出てくることによって、今までPCとは疎遠だった方々、たとえば経営者なども積極的に利用し始めており、おのずと企業のネットワーク管理のあり方は変化しています。こうした機器を利用しようとすると、きちんと環境を整えていかなければならないためです。

瀬尾氏:タッチ機能を強化し、タブレットとしての利用が期待されるWindows 8の登場も大きいです。企業のPC環境の主流はやはりWindowsでしょうから、このOSの持っているモバイル機能をどう生かすかは、これからいろいろ考えていく必要があると思います。

 また、トラフィックの増大に合わせて、通信事業者も回線を増強しており、広帯域の回線が安く手に入るようになってきました。より性能のいい、コストバランスも優れたネットワーク製品も求められていると思います。

重要なのは「可視化」と「直感的に理解できる」こと

photo

ヤマハ
エレクトロニクス事業本部
サウンドネットワーク事業部
技術開発部
企画担当課長
平野 尚志氏

西本氏:セキュリティというのはブレーキに例えると分かりやすいと思います。ヤマハさんのバイクでたとえ話をすると、ブレーキがないバイクは怖くて乗れませんし、かといってブレーキをかけっ放しで走るのはナンセンスです。峠などを走るとき、きれいにコーナリングしようとすれば、ブレーキの使い方がポイントになってきますよね。ここぞというときに使う「攻めのブレーキ」というのがあると思います。

平野氏:一時、ノートPCを持ち出し禁止にするという傾向がありましたが、実用性の視点から徐々に見直しの動きが広がりました。スマートフォンやタブレットとなると持ち出さなければ意味がありません。

 持ち出してもきちんと使える管理に変えていくことが重要になってきますが、「攻めのブレーキ」という点では、ネットワークを可視化することと直感的に理解できるということが大きなポイントだと考えています。何かとリソース不足な中堅中小企業でも、可視化は無線ネットワーク管理の核心ではないかと思います。

photo

ヤマハ
エレクトロニクス事業本部
サウンドネットワーク事業部
商品開発部 技師
瀬尾 達也氏

西本氏:おっしゃるとおり、可視化というのは非常に重要だと思います。ただでさえITは見えにくいものですが、無線LANとなると余計に見えませんからね。オフィス内で利用していて、今、自分のPCがどのアクセスポイントにつながっているかを意識している方はそれほどいないでしょう。

 しかし、実はそれが隣の会社のものだったりする可能性もありますから、ことはそう簡単ではありません。話題のPCの遠隔操作事件も、最初に特定されたIPアドレスはモバイルWi-Fiルーターだったとの報道がありました。当初、それが乗っ取られていた可能性も私は推測しました。

瀬尾氏:中堅中小企業での利用となると、ただ見えるだけではなくて、リモートで一括管理できる機能も必須だと思います。

 お客さまとお話ししていてよく耳にするのが、地方にある支店・営業所拠点でトラブルが発生した際にフォローがしきれないということです。問題が発生したけれど原因がよくわからない。業を煮やしていってみたら、LANケーブルがループしていた、とか、電源が抜けていた、とか、単純なアクシデントであることも少なくない。そこを少ないリソースでカバーできるようにするのも、これからの企業内ネットワークに求められるものかなと思います。

ヤマハ新製品発表&LAN見える化セミナー

開催日 2012/11/26〜2013/1/29 13:00〜18:30
主催 SCSK株式会社 種別無料セミナー
お申し込みページはこちら
【次ページ】セキュリティでビジネスを加速するには?

ルータ・スイッチ ジャンルのトピックス

一覧へ

ルータ・スイッチ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング