ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2012年11月28日

ノークリサーチ連載:中堅・中小企業市場の解体新書

現場の意思決定力を高める、ワークフロー導入・活用術

「企業における意思決定」というと、重要な経営判断など少々大袈裟なものが連想されてくる。だが、現場レベルでも「この顧客に対して特別値引きを適用できるか」「同額の広告費を今月も維持可能か」など多くの意思決定を日々行っている。それを支えるシステムが「ワークフロー」だ。今回はユーザー企業に対するアンケート調査結果を基に、企業がワークフローを活用して現場の意思決定力やパフォーマンス向上を実現する方法を見ていくことにしよう。クラウドやスマートフォン、タブレットとの関係では興味深い調査結果も明らかになった。

執筆:ノークリサーチ 岩上由高

ワークフローでは、システム連携やカスタマイズにおける評価が低い?

 以下のグラフは従業員数300人未満の中小企業に対し、「導入済みワークフローの評価」を尋ねたものである。それぞれの評価項目が持つ意味はグラフの下に記載した通りだ。

photo

導入済みワークフロー製品/サービスの評価(従業員数300人未満)


導入/サポートの価格は妥当か:
製品/サービスの導入費用や運用費用が高すぎないか?という観点での評価である。

機能が足りているか:
自社が必要とする機能が製品/サービスに備わっているか?という観点での評価である。

自社の要件に合致しているか:
「機能が多すぎて使いこなせない」などといったことがなく、自社のニーズやスキルに合わせた製品/サービスとなっているかどうか?という観点での評価である。

他システムとの連携手段が整っているか:
最終承認を経た申請項目に添付された文書をファイルライブラリに自動で保存しておくなどといった他システムとの連携が無理なく行えるか?という観点での評価である。

プログラミングによる機能の追加/変更(カスタマイズ)がしやすいか:
「開発キット(SDK)が提供されているか」など、プログラミングが必要なレベルでの機能の追加/変更をサポートする取り組みに関連する評価である。

連載一覧
 上記のうち、「導入/サポートの価格は妥当か」「機能が足りているか」「自社の要件に合致しているか」といった項目については「大変満足」と「まあまあ満足」の合計が全体の半数近くを占め、概ね良い評価となっていることがわかる。

 一方で、「他システムとの連携手段が整っているか」と「プログラミングによる機能の追加/変更(カスタマイズ)がしやすいか」については満足度がやや低くなっていることが分かる。「ワークフローにおいて、システム連携やカスタマイズを必要とするようなニーズが中小企業に本当にあるのか?」と疑問に思われるかもしれない。その点こそが、中小企業におけるワークフロー活用を考える上で極めて重要なのである。

【次ページ】ワークフローで本当に必要なものは何か?

プロジェクト管理・ワークフロー管理 ジャンルのトピックス

一覧へ

プロジェクト管理・ワークフロー管理 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング