ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2013年03月18日

連載『ふじすえ健三のビジネス+IT潮流』  

【ネット選挙で新しい政治を作ろう!(6)】ネット選挙運動解禁のメリット

ネット選挙運動解禁について自由民主党内でややもめているようなので、何がネット選挙運動解禁のメリットかを整理することとする。是非とも皆様も多くの人に呼びかけ、ネットのみならず既存のマスコミをも動かす世論を作っていただきたい。まずは、有権者や納税者側のメリットからだ。

執筆:アイアンふじすえ

メリット1 選挙に使う税金の削減

 ネット選挙運動でいったい何が変わるのだろうか? まず、なんといってもコスト削減である。

 例えば、選挙の際(選挙期間は、参議院選挙投票前17日間、衆議院選挙投票前14日間)は(藤末のような参議院全国区の場合)ハガキ15万枚、ビラ25万枚、ポスター7万枚を刷ってよいことになっている。ハガキ15万枚の郵送費だけでも750万円、印刷費用を入れると2,000万円は軽く超える計算だ。それらが積み上げられて、参議院選挙全体では約570億円の選挙費用となるのだ(衆議院では約800億円)。

 しかもこの570億円は、すべて我々の税金で賄われている。インターネットにこれらを代替させることによって、圧倒的なコスト削減が可能となる。つまり、余計な税金を使わなくて良くなるのである。

photo
(クリックで拡大)

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

一覧へ

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング