ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2013年04月22日

連載:ソーシャルメディアの企業活用リスクマネジメント

ソーシャルデトックスとは何か?ソーシャル依存の生産性低下を回避する5つのポイント

「仕事をしていたはずが、気付いたらFacebookのニュースフィードをぼーっと眺めていた。」SNSユーザーが増えた今、そんな経験をした人が増加している。今どきのSNSユーザーはいつでも、どこでもスマホやパソコンから自分の近況を投稿したり、友達の投稿にコメントでき、リアルタイムにコミュニケーションを行っている。しかし、有効活用される一方で、SNSへのアクセス時間の増大により、生産性の低下が起きているとも言われている。今回は、そのような事態を招かないために実践したい「ソーシャルデトックス」について解説する。

執筆:akinice design 平野逸平

身近にあるSNSの弊害

連載一覧
 「朝起きたらまずスマホで更新情報を確認。トイレや通勤中の空き時間にも友達の投稿に対していいね!やコメントの返信。そして、食事中、仕事中、家族との時間、一日の最後は寝る前にも必ずチェック…。」

 自分の投稿に対して、友達の反応やみんなで話題になっていることなど、更新情報をチェックしなければ落ち着かない。「言われれてみれば、自分もそうだ」とか「周りにそのような人がいる」など思い当たる節がある方も少なくないのではないだろうか?

 SNSは既に人々のコミュニケーションツールとして浸透し、特定のユーザーだけが利用しているものではなくなった。また、SNSをうまく活用することにより、必要な情報を選定したり、より多くの有益な情報を得ることもできるようになった。

 しかし、最近では、SNSが仕事にも影響し、弊害をもたらしていると指摘されることがある。「業務時間帯に息抜きでSNSを見たつもりが、いつの間にか30分も経過していた」「スマホにSNSの通知があり、チェックしていると、本来やろうと思っていたことが思い出せなくなってしまった」などが、まさにそのパターンだ。

 これらは企業の立場から見ても、従業員の生産性の低下を招くことにもつながる可能性があり、ひとつの大きなリスクになる。

ソーシャルデトックスでうまくSNSを活用する

 このような時に実践したいのが「ソーシャルデトックス(Social Detox)」である。デトックスとはアルコールや薬物依存を治療すること。ソーシャルデトックスとはつまり、SNSへの依存から脱却したり、SNSへのアクセスを少しの間遮断することなどを指す。

 主に実践する内容としては、SNSへのアクセスを制御することが一般的であるが、完全にアクセスを遮断してしまうとSNSを活用することができなくなってしまう。せっかくの有益なコミュニケーションツールをまったく利用しないのはあまりにもったいない。

 そこで、SNSユーザーがSNSの利用を完全に遮断するのではなく、適切に活用しながらも無駄な時間を過ごさないという意味でのソーシャルデトックスを実践するための5つのポイントを紹介しよう。

【次ページ】ソーシャルデトックスに必要な5つのポイント

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのセミナー

一覧へ

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

一覧へ

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング