ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

知財管理 内部統制

会員限定

2013年05月27日

フォントは著作物ではない!?

そのフリー素材は使っても大丈夫? フリー素材の利用や改変の可否

パンフレットやWebページなどを作成する上では、イラストやテンプレート、フォントなど、さまざまな素材を利用することがある。「商用利用可能」といった記載と共に公開されている素材や、クリエイティブ・コモンズライセンスの元で公開されている素材を、そのまま、または改変して利用したり、それらの記載がない素材を改変して利用したりすることは、著作権法上適法なのだろうか。本稿では、各種素材の利用に際して考えるべき、著作権法上の問題に関して概論を述べる。

執筆:弁護士 河瀬 季


「著作物」と「著作権」

 インターネット上で公開されているフリー素材を使う場合には、フリー素材作者の権利、特に著作権が問題になる。

 「著作権」とは、一言で言えば、「著作物についての各種利用を禁止する権利」だ。著作権の対象となる「著作物」、つまりフリー素材の作者である「著作者」は、当該著作物についての「コピー(複製)」や「翻案」──この意味については後述する──などを禁止することができる。

 なお、素材が写真の場合には、素材作者の著作権だけでなく、被写体の権利に関しても考える必要がある。この点に関しては、別稿「その写真は掲載して大丈夫? ──わかりにくい写真の権利について解説」を参照していただきたい。

「商用利用可能(禁止)」といった表記がある素材の利用の可否

知財管理 ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

連載ビジネス法知識 河瀬季

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング