ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2013年09月05日

日本マイクロソフト、XP移行でPCの買い換え金利を負担するキャンペーン 先着500社

日本マイクロソフトは5日、2014年4月9日にサポートを終了するWindows XPとOffice 2003から、最新のPC環境へ移行を支援する各種施策を開始すると発表した。

 日本マイクロソフトでは、サポートを終了する2014年4月9日までを「移行支援強化期間」と位置付けている。同期間中は、移行計画のための相談、移行作業や移行コストの負担軽減などの課題にあわせて、適切なパートナー企業を紹介し、最新PC環境への円滑な移行を図っていくという。

 今回、日本マイクロソフトの移行支援施策として、大きく以下の2つの施策を開始する。

 1つめの施策は、「PC購入支援キャンペーン」。これは、PC保有台数1台以上249台以下の先着500社を対象に、Windows 8 ProまたはWindows 7 Professional搭載の対象PCを購入し、かつクラウドサービスOffice 365を購入した場合に、金利を負担するというもの。

 これにより、予算の問題で移行の検討が進まない場合に、調達は今年度に済ませ、費用支払い開始を金利ゼロで7か月間延期できるというもの。購入内容に合わせて、4種類の優遇ファイナンスプランを用意した。

 マイクロソフトの説明によれば、サポート終了直前の2014年3月にPC100台を一括購入して約1,180万円かかる場合、今回のキャンペーンプランを適用すると、2013年10月に購入した場合でも2014年4月開始の37万円の36回払いとなり(総支払額約1,332万円)、初期費用の軽減を図ることができる(3月まではリース金利0%)。

 また、正規のWindowsライセンスを提供するPC再生事業者であるMicrosoft Authorized Refurbisher (MAR)プログラム参加企業と連携したPCの無料下取りや中古PCの提供を実施し、初期費用の軽減を図る。

 もう1つの施策は、Windows 8 ProとクラウドサービスであるOffice 365のライセンスをあわせて購入することで、ライセンス価格を20%割引する「移行促進キャンペーン」。

 新規購入したPC、または、既に保有しているPCのソフトウェアを、最新のWindows 8.1およびクラウドサービスであるOffice 365へアップグレードすることで利用できる。期間は9月5日から2013年11月29日まで。対象はすべての法人企業および公共機関。

 詳細はキャンペーンサイト(PC購入支援キャンペーン移行促進キャンペーンに記載している。

PC・ノートPC ジャンルのトピックス

一覧へ

PC・ノートPC ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング