ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2014年01月22日

Yahoo!ショッピング、最短5分でスマホから出店できる「ストアクリエイター」を公開

ポータルサイト最大手のヤフーは22日、「Yahoo!ショッピング」の新しいストア構築ツール「ストアクリエイター」を一般公開し、まずは事業者向けの「ライト出店」の受付を開始したと発表した。同ツールを利用することで、最短5分でストア構築作業が完了し、同社規定の出店審査を経たのち、順次開店が可能となる。

photo

ストアクリエイターの利用イメージ

(出典:ヤフー)

 「ストアクリエイター」は、現在「Yahoo!ショッピング」が提供している既存のストア構築ツールと比較して、より簡単に早くストアが構築できる新ツール。

 指定の画像とテンプレートを使用してストアページを設定した後は、商品画像と詳細を入力するだけで、最短数分で「Yahoo!ショッピング」にネット店舗を開くことができるという。

 また、スマートフォンからストア構築・出品作業も行えるため、パソコンを持っていない場合でもネット店舗を開設して運営することができる。

 なお、本格的なネット店舗を開設したいという「プロフェッショナル出店」を希望の事業者には、従来型のプロフェッショナル用ツールもこれまでどおり提供するため、出店形式はいずれかの選択が可能となる。

 また、来月上旬に「ストアクリエイター」の個人向け申し込み受付を開始するほか、今春をめどにスマートフォン版アプリの公開を予定しているという。

 ヤフーでは、日本のEC化率の向上とeコマースによる消費の活性化を目指し、2013年10月に「eコマース革命」と題して「Yahoo!ショッピング」のストア出店料(月額システム利用料)と売上ロイヤルティの無料化を実施した。

 同社によれば、その後、3ヶ月間で出店希望者が約9万件にのぼっているという。

 これらの申し込みのうち、一部のeコマース運営事業者には従来のストア構築ツールによる開設手続き(「プロフェッショナル出店」)を先行して進めており、すでに数千のネット店舗が新たに開店しているという。

 一方で、「インターネットへの出店を試してみたい」「期間限定で出店したい」「商品数は多くないが専門店を開きたい」などの、いわゆる"ライト層"と呼ばれる事業者のニーズも大きいことと、「誰でもインターネットで簡単にお店が開ける世界をつくる」という「eコマース革命」の目標を達成するためにも、「簡単で・早く・スマホだけでもお店が開ける」新ツールが必要と考え、準備期間を経て、「ライト出店」の一般申し込み開始に至ったとしている。

 ヤフーでは出店数を増やすことで「Yahoo!ショッピング」の取り扱い商品の拡大と充実を図り、結果的に利用頻度を上げることでモール全体の活性化を図る狙い。

関連記事

Web戦略・EC ジャンルのトピックス

一覧へ

Web戦略・EC ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ヤフー

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング