ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2014年02月20日

連載:トヨタに学ぶビジネス「改善」の極意

アマゾンのジェフ・ベゾスが、小売のコストコから「厚かましく盗んだもの」

世の中には次々と新しいシステムや理論が登場する。まるですべての問題を解決してくれるかのように思えるが、現実はそれほど甘くない。成功事例をそのまま自社に取り入れたとしても、決して成功企業ほどにはうまくいかない。大切なのは、優れたアイデアを探すだけでなく、そこに自分たちなりの知恵を加え、そしてやり続けることである。成功したアイデアに自社流の知恵をつけ、独自のひねりを加えることもまた「改善」なのである。

執筆:カルマン 代表取締役社長 若松 義人

いいアイデアがあれば厚かましく盗むもの

photo

アマゾンのジェフ・ベゾス氏

(Photo by James Duncan Davidson

連載一覧
 「他社は征服者だという意識ですが、アマゾンは自分たちを探検者だと考えています」はアマゾン創業者ジェフ・ベゾスの言葉である。

 しかし、この言葉には異論を唱えたくなる人も少なくないはずだ。たとえば出版社や書店などから見れば、アマゾンは自分たちがこれまで営々と築き上げてきた事業から顧客と利益を根こそぎ奪っていく征服者以外の何物でもない。「アマゾンされる」(To be Amazoned)という言葉があるくらいだから、アマゾンが自らを「征服者ではなく探検者」と呼ぶのには抵抗を感じるのも無理からぬことだ。

 もっとも、ここで言う「探検者」は他社の成功したアイデアに目をこらし、貪欲に取り入れていくという意味でベゾスは使っている。2001年、ベゾスはアマゾンがITバブルの崩壊による株価の低迷に苦しむ中、1人の人物に会っている。コストコの創業者ジム・シネガルだ。

 シアトルのスターバックスで二人は会い、シネガルはベゾスにコストコが年会費を支払ってくれる忠誠心あふれる顧客を軸に運営されていること、安い値付けで大量に売りさばくことでサプライヤーから有利な条件を引き出していること、長期的な視点で会社を育てていることなどを説明した。

 この会合の翌々日、ベゾスはアマゾンもコストコやウォルマートのような「エブリデーロープライス」にすべきだとして、書籍やCD、DVDの価格を20%から30%下げている。年会費を払えば、送料や出荷で優遇される「アマゾンプライム」も、その後に実現している。

 シネガルにとっては、のちのライバルに知恵を授けてしまったことになるが、シネガルはこう話しているという。

「いいアイデアがあれば厚かましく盗むものだと思ってきましたからね」

 後年、シネガルがキンドルを購入したところ不良品だったためアマゾンに連絡したところ、ベゾスから「今後はあなた専用のカスタマーサービスとして私が処理します」というメールが届いたという。ベゾスの優れたアイデアを貰ったことへの感謝の印だったのではと、このエピソードを紹介した記者のブラッド・ストーンは『ジェフ・ベゾス果てなき野望』で書いている。

 ベゾスはアマゾンのアイデアのすべてをゼロから構築したわけではない。他社の成功したアイデアを貪欲に探し、評価し、そして自分たち独自のひねりを加えることでより良いアイデアに昇華させている。

【次ページ】トヨタの「創意くふう運動」は何が違ったか

イノベーション ジャンルのトピックス

一覧へ

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング