ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2014年03月12日

連載:あの業界のグローバルランキング

化粧品業界の世界ランキング:資生堂や花王はなぜアジアで買収を繰り返すのか

化粧品をはじめ、スキンケアやヘアケアを含む「Cosmetics/Personal Care(化粧品・ビューティーケア)」業界は、ブランド力と高い品質が求められるため先進国の企業が強い。アジア市場を中心に競争が激化しており、業界再編も起きている。日本の資生堂もフランスのロレアルに子会社の売却を行う。そんな化粧品・ビューティーケア業界の世界ランキングを見ていこう。

執筆:宮島 理

アジアの中間層を狙う化粧品・ビューティーケア各社

 2月20日、化粧品大手の資生堂がフランスにある同社の子会社2社(「カリタ」ブランドのカリタ社、「デクレオール」ブランドのフィパル社)をフランスの化粧品メーカー・ロレアルに売却すると発表した。売却額は約320億円。これは資生堂が進める構造改革の一環で、不採算部門などを整理し、アジアに力を入れていくという。

 資生堂やロレアルといった企業は、一般に「Toiletry(トイレタリー)」と分類される。トイレタリーはトイレ関連製品という意味ではなく、広義には洗剤や入浴剤、ビューティーケア(フェイスケア・スキンケア・ヘアケア・剃刀など)、香水を含む化粧品などが相当する。ここでは狭義のトイレタリーとして、「Cosmetics/Personal Care(化粧品・ビューティーケア)」業界を見ていくことにしたい。まず以下が、化粧品・ビューティーケアの世界ランキングだ。

グローバル化 ジャンルのトピックス

一覧へ

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング