ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2014年04月02日

対談:みずほ情報総研 吉川 日出行 氏×ノークリサーチ 岩上 由高 氏

グループウェアの未来像を議論、IBM・マイクロソフト・サイボウズの戦略とは?

メールやスケジュール管理機能を提供する「グループウェア」。多くの企業にとって欠かすことのできない情報基盤として長く活用されてきたが、それゆえに機能強化や再構築をすることが難しくなっているのも事実だ。しかし、今やビジネスパーソンを取り巻く労働環境は大きく変化し、リモートオフィスや在宅勤務、スマートデバイスの活用も一般化してきている。企業内の「情報価値」が改めて見直される中、いま求められるグループウェアとはどのようなものか。みずほ情報総研の吉川 日出行氏とノークリサーチの岩上 由高氏が語り合った。

執筆:鈴木 恭子

簡易アプリ開発基盤からスマホ/セキュリティ対応へ

photo

みずほ情報総研
経営・ITコンサルティング部
シニアマネージャー
吉川 日出行 氏

photo

ノークリサーチ
シニアアナリスト
岩上 由高 氏

 「多くの企業にとって、グループウェアは個別システムではなくOAシステムの一部となっている。『グループウェア』という概念自体がなくなっており、その位置づけは変化している」そう語るのは、みずほ情報総研で経営・ITコンサルティング部シニアマネージャーを務める吉川 日出行氏だ。

 2014年3月に行われた「Noteマイグレーションセミナー2014」(SBクリエイティブ主催)では、吉川氏とIT専門の調査会社ノークリサーチでシニアアナリストを務める岩上 由高氏が「グループウェアの未来像」について、熱い議論を交した。

 近年、ビジネスパーソンを取り巻く労働環境は急速に変化している。リモートオフィスや在宅勤務など多様なワークスタイルの実現を課題とする企業も多い。吉川氏は、「その状況下で企業は、保有する情報資産を、多様なデバイス/インフラ環境で利用できるように環境整備する必要がある」と指摘する。

 もう1つ注目すべき変化は、「産消逆転現象」である。いつでも、どこからでもインターネットに接続できる環境が充実し、個人所有のデバイスは多様化した。従来は企業向けが先行していたITは、今や新しい技術/サービスが最初に提供されるのはコンシューマ市場という逆転現象が起きているのだ。BYOD(私的デバイスの業務利用)の増加はそれを端的に示す一例だろう。

 実際、グループウェアを利用する端末にも変化が生じている。岩上氏によると、グループウェアを利用する端末は、スマートフォンが16%、タブレットが11%となっているという。

 岩上氏は、「グループウェアのミッションが企業内の情報共有である以上、スマートデバイス対応は急務。業務システム全体において、高度なスマートデバイス機能を活用した動きは進んでいる。その中で、グルーブウエアの果たす役割を鳥瞰的に考えることが重要だ」と指摘した。

 吉川氏も、「グループウェアに求められる機能はシフトしている」と語る。以前はメールやスケジュール管理のほか、文書管理/検索/ワークフロー管理/簡易アプリケーション開発基盤といった機能も要求されていた。しかし、現在は、マルチデバイス対応をはじめ、メール以外のコミュニケーション・ツール――チャットやSNS、ビデオ会議など――が不可欠になっているという。

photo
(クリックで拡大)

グループウェアに期待される機能。その内容はワークスタイルの変化とともにシフトしている

(出典:みずほ情報総研)


 こうした機能のシフトについて吉川氏は、「簡易アプリケーション開発やワークフロー管理を十分に実現しようとすると、グループウェアだけでは限界があり、別途専用システムが必要となることがほとんどだった。多くの企業がグループウェアを使い込む中で、『グループウェア1つで何でも実現する』ことには無理があると気が付いている」と指摘する。

【次ページ】マイクロソフト、サイボウズ、日本IBMの製品戦略

グループウェア ジャンルのセミナー

一覧へ

グループウェア ジャンルのトピックス

一覧へ

グループウェア ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング