ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2014年06月27日

BtoB企業のデジタルマーケティング調査、5割がWebサイト活用で「効果出ていない」

デジタルマーケティング支援を手がけるアイ・エム・ジェイが3月に実施した「BtoB企業のWebマーケティング実態調査」によれば、BtoB企業の中で「デジタルマーケティング専任担当がいる」企業は全体の41.6%、兼務のみは39.7%となった。また、8割の企業が自社Webサイトの活用に取り組む一方で、5割が「効果が出ていない」と感じていることがわかった。

関連記事
 「BtoB企業のWebマーケティング実態調査」は2014年3月31日から4月1日にかけてインターネットリサーチで行われた。調査対象は20〜59歳の男女で、企業内でWebサイトもしくはデジタルマーケティングに従事している人が対象。有効回答数は222名。

 調査によれば、デジタルマーケティング担当者の専任/兼務状況は、「専任」と回答した割合が18.7%、「専任と兼任が混在」と回答した割合が22.9%、他の業務と兼任(兼任のみ)と回答した割合が39.7%となり、「専任」「専任と兼任が混在」を合わせて、約4割の企業で専任の担当者が存在していることが明らかになった。

 一方、「専任」「専任と兼任が混在」の合計割合は、売上高1,000 億円以上の企業で42%、売上高300〜1,000億円の企業で50%、売上高300億円以下の企業は37%と、企業の売上高との相関関係は認められなかったという。

photo

(出典:アイ・エム・ジェイ)


 また、BtoB企業における、営業・マーケティング課題(複数回答)は、「新規顧客の取り込み」が51.4%、「既存顧客の囲い込み」が30.8%、「海外への進出・取引拡大」27.1%となった。なお、売上高 1,000 億円以上の企業では、この割合・順位が大きく変わり、「国内シェアの拡大」が42.1%、「新規顧客の取り込み」が39.5%、「海外への進出・取引拡大」が36.8%、「既存顧客の囲い込み」が34.2%となった。

photo
(クリックで拡大)

(出典:アイ・エム・ジェイ)


 また、デジタルマーケティングの課題への取り組みについて、「効果が出ていない」は、「できている・効果あり」をほぼすべての施策で上回っており、「取り組んでいる」担当者の約53%は、「効果が出ていない」と感じていることがわかった。「自社 Web サイト活用」に「取り組んでいる」は、79.9%と最も高いが、同時に「効果が出ていない」と回答した比率も最高値となった。

photo
(クリックで拡大)

(出典:アイ・エム・ジェイ)


 さらに、「グローバルサイト活用」と「運用の効率化」は、「効果が出ていない」が「できている・効果あり」を大きく上回った。「グローバルサイト活用」は、「効果が出ていない」が、取り組んでいる担当者の56%を占めた。

photo
(クリックで拡大)

(出典:アイ・エム・ジェイ)


ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

一覧へ

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング