ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2014年08月04日

ソニー、4月設立の新会社「ソニー不動産」が営業開始 米国型エージェント制度導入も

ソニー不動産は1日、本社の銀座オフィスで、一般向けの売買仲介サービスおよび賃貸管理を中心としたプロパティマネジメントサービスを開始を発表した。

 ソニーでは、4月に新規事業の創出を担当する専門組織を社内に設置。その取り組みのひとつとして、同月ソニー不動産を設立した。同社では、売買仲介サービスおよび賃貸管理を中心としたプロパティマネジメントサービスを行う。

photo

顧客視点で「公平性、合理性、専門性」を図るというソニー不動産


 売買仲介サービスの特徴として、物件の売却サポートと購入サポートにはそれぞれ、組織的に分けて仲介を担当する「米国型エージェント制度」を導入した。これにより売主、買主それぞれのニーズに対して、公平なサービスが提供できるという。

 不動産の賃貸管理業務を代行するプロパティマネジメントサービスでは、管理手数料として、1部屋当たりの基本手数料を設定した上で、戸数に応じて手数料額が変動する料金体系を設定。家賃収入に対して一定の率で算出される一般的なサービスと比較して、管理業務の負担に応じた手数料の算出が可能になるという。

新規事業 ジャンルのトピックス

一覧へ

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ソニー不動産

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング