ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2014年10月16日

日立、NFC対応スマホを使った電子マネーなどのシステム導入を支援するサービス開始

日立製作所(以下、日立)は16日、近距離無線通信技術の国際標準規格であるNFCに対応したスマートフォンなどのモバイルデバイス向け新サービスの導入を支援する「日立モバイルNFCサービス」を開発し、10月17日から販売開始すると発表した。

 NFC(Near Field Communication)は、海外の交通分野、クレジットカードなどの決済分野、国内の住民基本台帳カード、運転免許証などの公共分野をはじめ、幅広い分野で利用されている無線通信技術であるISO/IEC14443 Type A、ISO/IEC14443 Type Bなどと互換性がある近距離無線通信技術の国際標準規格。NFCを搭載した端末をリーダーにかざすだけで簡単にデータ通信を行うことが可能で、さまざまな分野において新たなサービスの創出が期待されることから、近年、スマートフォンへの搭載が増加している。

 現在、店舗などのリーダーにNFC対応スマートフォンをかざすことでクレジットカードの決済を行うことができるサービスが商用化されつつあり、今後はさらに、本人認証や、電子マネーの利用などをNFC対応スマートフォンで行えるサービスの拡大が見込まれている。

 「日立モバイルNFCサービス」は、新規に電子マネーやポイントサービスを開始するサービス事業者など、ID情報を活用したサービスを提供する国内外の企業や公共機関などが、NFC対応スマートフォンを電子マネーやポイントカード、従業員証などとして安全に利用できるシステムを容易に導入・運用することを可能にするサービス。価格は個別見積もりで、提供開始時期は2015年2月を予定している。

 具体的には、スマートフォン内のUICC(Universal Integrated Circuit Card)などのセキュア領域に、インターネット経由で本人認証情報や電子マネー情報などのID情報を安全に追加し、利用可能なシステムを、主にクラウドサービスとして提供する。これにより、サービス事業者は、専用のカード媒体の発行コストの削減や、スマートフォンの特性を生かした集客サービスを実現できるという。

 日立モバイルNFCサービスの主な特長としては、「ID情報の追加と利用における高い安全性を確保」「容易な導入、運用を実現」「さまざまな分野への適用を支援」の3点が挙げられている。

photo
(クリックで拡大)

「日立モバイルNFCサービス」の概要図


photo
(クリックで拡大)

「日立モバイルNFCサービス」の適用分野例


RFID・ICタグ・NFC ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

日立

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング