ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2014年10月30日

大日本印刷、図書館の蔵書管理用のICタグを販売 丸善や図書館流通センターと連携で

大日本印刷は30日、図書館の蔵書管理システム向けのICタグ3種の販売を開始するとともに、自動貸出返却機やセキュリティゲートなどの製品を2015年春ごろから販売すると発表した。

photo

ディスク用ICタグラベル

 ICタグは、書籍を重ねた状態での一括読取や不正持ち出しの検知が可能なことから、バーコードに代わる図書館の蔵書管理システムとして採用が進んでいる。

 大日本印刷では今回、図書館向けシステムと親和性が高いUHF帯ICタグの普及促進を目指し、図書館向けシステムの機器での読取性能に優れたUHF帯ICタグと、図書館のニーズを集めて開発する機器を一括で提供するという。

関連記事
 同社では、これらのICタグを図書館システムの読取装置を使って読取精度・スピードなどの性能評価を行い、実際の運用上問題がないことを確認したUHF帯ICタグ3種をラインアップ。2015年春には、図書館から寄せられたニーズをもとに、独自のアプリケーションソフトウェアを搭載した自動貸出返却機やセキュリティゲート、ハンディターミナルなどを開発して発売する予定。

 大日本印刷は丸善や図書館流通センター(TRC)と連携して、公共図書館や大学図書館などに向けて同製品を販売し、2016年度までの3年間で5億円の売上を見込んでいる。

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

一覧へ

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

大日本印刷

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング