ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2014年12月15日

富士通、トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」の水素ステーション情報管理サービス提供へ

富士通は15日、トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」向けに水素を供給する水素ステーション情報管理サービスの運用開始を発表した。

photo

水素ステーション情報管理サービスのシステム概要図


関連記事
 今回の発表は、トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」の発売に合わせ、富士通の位置情報を活用したクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL」を基盤とした水素ステーション情報管理サービスを運用開始するというもの。

 トヨタ自動車では、MIRAI利用者に対してMIRAI「T-Connect DCMパッケージ」で提供されるナビ専用アプリApps「水素ステーションリスト」と、スマホアプリ「Pocket MIRAI」上で、水素ステーション情報を提供していく。

 利用者は固定式・移動式水素ステーションの位置や稼働状況などの情報を、燃料電池自動車の利用者のカーナビゲーションやスマートフォンなどの端末から確認できる。水素ステーションは固定式と移動式の2種類の提供が予定されており、富士通は統合管理された情報を燃料電池自動車利用者に提供することで、水素ステーションや燃料電池自動車の利便性向上、普及を目指す考え。

新規事業 ジャンルのセミナー

一覧へ

新規事業 ジャンルのトピックス

一覧へ

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

トヨタ トヨタ自動車 富士通

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング