ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年01月06日

トヨタ自動車、燃料電池関連の特許実施権5680件を無償提供 FCV普及に弾み

ラスベガスで開催されるCESを前に、米トヨタ シニア・バイスプレジデントのボブ・カーター氏は、トヨタが単独で保有している世界で約5,680件の燃料電池関連の特許(審査継続中を含む)の実施権を無償で提供すると発表した。燃料電池自動車(FCV)の普及に弾みをつけたい考え。

photo

CESで5680件の特許実施権の無償提供を発表するボブ・カーター氏

 特許実施権無償提供の具体的な内容としては、燃料電池スタック(約1970件)・高圧水素タンク(約290件)・燃料電池システム制御(約3350件)といった、FCVの開発・生産の根幹となる燃料電池システム関連の特許。これらの特許を実施してFCVの製造・販売を行う場合、市場導入初期(2020年末までを想定)の特許実施権を無償とする。

 また、水素供給・製造といった水素ステーション関連の特許(約70件)に関しては、水素ステーションの早期普及に貢献するため、水素ステーションの設置・運営を行う場合の特許実施権を、期間を限定することなく無償で提供する。

 これらの特許実施に際しては、特許実施権の提供を受ける場合の通常の手続きと同様に、トヨタに申し込みを行い、具体的な実施条件などについて個別協議の上で契約書を締結する予定という。

 トヨタは12月15日より、FCVの「MIRAI(ミライ)」を世界に先駆けて一般販売しており、特許を公開することで、燃料電池社会の普及に弾みをつけていきたい考え。

関連記事

知財管理 ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

トヨタ トヨタ自動車

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング