ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年02月02日

UBIC、ソーシャルメディアから犯罪の予兆を把握する人工知能システム開発

UBICは2日、日本および各国の法執行機関を対象に、人工知能搭載のソーシャルメディア分析システム「Lit i View Social Media Risk Monitoring(リット・アイ・ビュー ソーシャルメディア・リスクモニタリング)(仮称)」の実証実験を開始すると発表した。製品化は2015年内を予定しているという。

 「Lit i View Social Risk Monitoring」が法執行機関に導入されることで、ソーシャルメディア上の犯罪につながりうるコミュニケーションをUBICの人工知能が抽出。これにより、今まで困難だった事件前のコミュニケーション分析が可能となり、事件の未然検知と予防実現が可能になる。国際的な会議やスポーツイベントなどの開催時の安全性確保にも貢献できるという。

 UBICの人工知能エンジン「バーチャルデータサイエンティスト(VDS)」が、経験豊富な分析調査官の暗黙知を学習し、分析調査官と同等の判断を24時間体制で稼動するシステムが実現する。また、日々変わる最新の書き込みに対しても人工知能VDSが自動学習しその検知精度を高めていくことができる。

 特に、短いテキストにおいても、その真意や危険度合いを評価できるようになった同社独自の「高解像度プレディクティブコーディング」などの技術開発により、従来人工知能を用いても算出が難しかったソーシャルメディア上のコミュニケーション分析が可能になった。今後も新たな要素技術を開発・投入し、実証実験を通じて精度を高めていく予定という。

お勧め記事

セキュリティ戦略 ジャンルのセミナー

一覧へ

セキュリティ戦略 ジャンルのトピックス

一覧へ

セキュリティ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

UBIC

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング