ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年02月16日

NEC、グループ全社の開発プロセスおよびPDMシステムを統一へ

NECは、NECグループ全社における開発プロセス統一のIT基盤として、統合PDMシステムを構築すると発表した。

関連記事
 NECは従来、ハードウェア製品の開発プロセス・ルール(コード体系、部品表構造、設計変更など)とPDMシステムをビジネスユニットごとに構築・運用していた。今回、これらをグループ全社で標準化し、同社のPLMソフト「Obbligato III」により設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理する統合PDMシステムを構築する。

 本システムで管理する部品は約2400万品目、設計図面・仕様書は約1800万件、グループ社員約1万7000人が利用するPDMシステムとなる。このシステムで管理する設計部品表を工場ごとの生産部品表に変換・蓄積する設計・製造インタフェース機能や、部品メーカやEMSなどの取引先と安全にデータを共有する外部ポータル機能を導入する。

 これらにより、設計資産の共有や部門横断での製品開発の迅速化など、グループ全社での設計資産の効率的な活用、グローバルでの製品競争力強化を図る。また、複数の工場で同一製品の生産を可能とし、開発・生産領域におけるグローバルでの変動対応力の強化や、PDMシステムの運用コストの削減を図る。

 このシステムは、超小型マイクロ波通信システム「PASOLINK」などを提供するテレコムキャリアビジネスユニット向けに2015年1月から稼働を開始し、2016年度末までにグループ全体に導入する。

生産・製造管理・PLM ジャンルのセミナー

一覧へ

生産・製造管理・PLM ジャンルのトピックス

一覧へ

生産・製造管理・PLM ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

NEC

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング