ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年03月30日

NECとパロアルトネットワークス、SDN活用のサイバーセキュリティソリューションを提供

NECは30日、Software-Defined Networking(以下、SDN)を活用したサイバー攻撃対策でパロアルトネットワークスとの連携を発表。本日より、不正端末の通信を自動で検知、サイバー攻撃を抑止する「サイバー攻撃自動防御ソリューション」を提供開始する。

 今回発表されたのは、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」のネットワーク制御機能と、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール製品による未知・既知の脅威抑止機能を連携させた「サイバー攻撃自動防御ソリューション」。

photo

端末の隔離フロー(イメージ図)


 このソリューションでは、サイバー攻撃を受けて不正通信を行う端末や、不正通信を疑われる端末を検出して、動作を抑止する。また、未知のウイルス感染の場合でも、外部との疑わしい通信や挙動を検知し、疑わしい通信に対して、SDNコントローラからネットワーク全体を制御できる。

 また、不正通信端末あるいは疑わしい端末に対し、SDNコントローラが端末情報をもとにネットワーク制御を行い、通信経路の遮断や隔離を自動化できる。これにより検知からの初動対応の速度が向上。これまで長い場合は数日かかっていた問題が発生した際の対応を数秒に短縮でき、2次感染等の被害拡大リスクを低減させるという。

 NECによれば、サイバー攻撃が巧妙化するなか、情報漏洩等のセキュリティ被害の拡大を防ぐためには、未知のウイルスに対する防衛策や未然の侵入防止対策に、万が一侵入された場合の被害の早期検知と抑止に注力した迅速な対応が重要であるという。

 最小構成ではSDNコントローラが1台、SDNスイッチが2台、ファイアウォールが1台、SDN連携アダプタが1個で、価格は1100万円から。

SDN・OpenFlow ジャンルのトピックス

一覧へ

SDN・OpenFlow ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ネットワーク記事 NEC

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング