ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年05月28日

女性の感性が生み出す“和”のヒット商品:女性が活躍するITビジネスのすすめ

五月晴れの中、新緑を楽しみたいこの季節。屋内でも新緑が楽しめると評判の「彩り障子(いろどりしょうじ)」の製造販売を手掛ける種村建具木工所(大阪市平野区)は半世紀にわたり、木製建具や造作家具の製造を行ってきた。昨年、マンションや洋間でも気軽に床の間が楽しめる「imadoco(イマドコ)」を発売したところ、国内最大級の家具・インテリアのポータルサイトTABROOM(タブルーム)に紹介され、問い合わせが相次いでいる。次々とヒット商品を生み出す秘訣について、新規事業担当役員である種村貞子さんに聞いてみた。

執筆:中森 勇人

photo

ナカジマミカ デザイン
imadocoシリーズ
格子アートパネル入りokidoco


――商品開発はどのようにして進めるのでしょう?

【種村氏】
展示会に建具を出品する際にご来場者からいろんな意見を聞くようにしています。特に女性のお客様はデザインや感性を重視されますので、使う側の立場で「こうすれば良くなる」と話が弾みます(笑)。その情報を持ち帰り、社長や職人さんと技術的な部分を詰めていき、商品化を進めていきます。

――感性を磨くために努力されていることは?

イノベーション ジャンルのトピックス

一覧へ

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング