ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年06月08日

NTTドコモの戦略転換、五輪までに5G実現へ 吉澤和弘副社長が挙げる4つの「協創」事例

通信以外のサービス収入をいかに増やすか。これは通信事業者にとって大きな課題だ。サービスレイヤーでは、グーグルやアップルなどのOTT(Over-The-Top)プレイヤーの参入も始まり、まさに大競争時代に突入している。「このような状況に甘んじていると、通信事業者は単に土管を提供するだけの存在になりかねない。我々もサービスをしっかりと提供しかなければならない」と危機感を募らせるのは、NTTドコモ 代表取締役副社長の吉澤和弘氏だ。同氏が、キャリアとしての生き残りを懸けた新たな成長戦略となる次の一手について説明した。

執筆:フリーライター 井上 猛雄

通信事業は競争激化、早期回復目指してテコ入れ

 4月28日、NTTドコモは「中期目標に向けた新たな取り組み」を発表した。この狙いについて、「富士通フォーラム2015」に登場したNTTドコモの吉澤副社長は「市場は、顧客獲得競争から付加価値協創の時代に入った。もう不毛なキャッシュバック合戦はやめる。商品の利用価値をしっかり提供する。多くのパートナーとのコラボレーションによって、新サービスやビジネスを創出することで、スマートライフを推進したい」と述べ、基本方針の転換を強調した。

 同社では「通信事業」と「スマートライフ領域」という2つの分野での具体的な取り組みを強化する方針だ。

photo

中期目標に向けた取り組み

(出典:NTTドコモ 中期目標に向けた新たな取り組み)


 まず、通信事業の分野は現在、競合他社との激しい戦いにさらされているため、競争力をテコ入れすることで、早期回復を目指すという。

「LTEネットワークを強化し、広さ・速さ・快適さに注力する。広さとは、どこでもつながるということ。昨年度はLTE基地局を97400局に倍増した。速さも国内最速の225Mbpsになった。さらにLTEに帯域を与えて、通信が込んでもYouTubeがサクサク見られる快適さを目標としている」(吉澤副社長)

 3月にサービスを開始した「PREMIUM 4G」は、2つの回線を束ねるキャリアアグリゲーションによって225Mbpsを実現した。

「さらにネットワークを高度化し、年内に300Mbps、来年度は370Mbps、その後の5Gでは2020年までに4〜5Gbpで4K動画がサクサクと動くようにしたい。また5Gに向けて標準化の策定も行っている。VoLTEもスタートした。今年度中には国際ローミングや国内相互接続性のサービスを目指している」(吉澤副社長)

 もう1つ、吉澤副社長は通信事業の強化策として、新たな携帯端末についても紹介した。今回の夏モデルから、Androidを採用したフィーチャーフォンや、PREMIUM 4Gに対応したスマートフォンが投入される。また、目の虹彩を使った生体認証機能を「ARROWS NX F-04G」(富士通製)で搭載した。

photo

ARROWS NX F-04G


「この機能は単にログインだけでなく、決済にも応用したい。NTTドコモのサービス、たとえばdゲーム、dブック、dミュージック、dデリバリーなどで、コンテンツを購入する際に簡単に処理できるようにしていく」(吉澤副社長)

【次ページ】コラボレーションで実現した4つの事例

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのトピックス

一覧へ

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング