ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

OS サーバ

2015年07月15日

Windows Server 2003のサポートが本日16時に終了、6万台はいまだに稼動

Windows Server 2003のサポートが本日2015年7月15日16:00(日本時間)に終了となる。2003年5月の発売以来、12年2ヵ月にわたりサポートが提供されてきたことになる。

photo

 マイクロソフトでは、事情などでWindows Server 2003を利用し続ける場合は、速やかに既に提供されているセキュリティ更新プログラムをすべて適用し、セキュリティ上の脅威を軽減する手段を取るよう警鐘を鳴らすとともに、できるだけ早い段階で新しい環境へ移行する計画を立てることを推奨している。

 マイクロソフトは、2014年1月より「まったなし、Windows Server 2003移行キャンペーン」を展開。サポート終了時に Windows Server 2003の稼働台数を5万台までに削減することを目標とした活動を展開してきた。

 その結果、Windows Server2003の稼働台数を2013年末の36万台稼働から、サポート終了時点で約6万台まで削減できる見込み。

 目標値とのギャップについては、マイナンバー制度導入を見据えるなど、システムの移行を今年度中に実施するところが多いためで、本年末までにはより多くの利用者が移行するのではないかと説明している。実際、6月に入ってからWindows Server 2012 R2の出荷本数が急伸しているそうで、こうした動きを反映したものではないかという。

 今後も、円滑な移行を支援するため、電話での「Windows Server 2003 移行相談窓口」、「Windows Server 2003 移行ポータル」などのWebサイトを通じた情報発信およびパートナーを通じた支援は継続していく。

関連記事

OS ジャンルのセミナー

一覧へ

OS ジャンルのトピックス

一覧へ

OS ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング