ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年09月25日

ベゾスに学ぶイノベーターの仕事術

アマゾン ジェフ・ベゾスが意思決定に使った「後悔最小化フレームワーク」とは何か

1990年代半ばから2000年代初めにかけてインターネットに関わる多くの企業が生まれたが、なかでもアマゾンはインターネットビジネスの最初の成功者であり、ITバブルの崩壊をも乗り越えたという点で別格の存在とも言える。創業から20年あまりでウォルマートに匹敵するほどの存在となったアマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏の仕事術を知ることは次なるイノベーションを起こすうえで大きなヒントになるのではないだろうか。

執筆:経済・経営ジャーナリスト 桑原 晃弥

photo

ジェフ・ベゾス氏。9月15日には、同氏が設立した航空宇宙企業「ブルーオリジン」が、NASAのケネディ宇宙センター向けロケット工場をフロリダ州に建設することを発表した


インターネットの興隆期、ベゾスはそこにいた

関連記事
 シリコンバレーの多くの人が「黄金の技術革新の時代は終わったのか」と問い始めた時、アメリカの学者タイラー・コーエンがこんな趣旨の悲観論を口にしたという。

「デジタル革命の木の低い位置にあるもぎ取りやすい果実は摘み取られ、次の大きな革新を生み出すための努力は行われているものの、あまりに少なすぎる」

 ペイパルの創業者で、ベンチャーキャピタリストのピーター・ティールも投資家たちが世の中を変えるような発想への情熱を失い、携帯向けアプリやSNSでちょっとした進歩を遂げることに安住していると批判したと言う。

 こうした批判がある中でベゾスの動きはとても興味深い。2013年8月に「過去の遺物」とも言えるワシントン・ポストを2億5000万ドルで買収したかと思うと、イーロン・マスクに先んじられた感はあるが、変わらず宇宙開発用ロケットの開発や他の惑星への移住を本気で考えており、2億ドルを投じて航空宇宙企業「ブルーオリジン」を設立した。そこには、莫大な私財をビル・ゲイツのように慈善事業に投じるのではなく、新たな産業を興したいという野望も見て取れる。

 1994年、D・E・ショーの上級副社長だったベゾスに大きな転機が訪れた。ベゾスは小学校で初めてコンピュータに触れて以来、コンピュータを「20世紀に人類が生み出した素晴らしいツールだ」と高く評価してきた。プリンストン大学でもコンピュータサイエンスを専攻し、コンピュータ関連のクラスは全部とったというほどコンピュータにのめり込んでいる。

 卒業後もファイテル、バンカーズ・トラスト、D・E・ショーでコンピュータのシステムづくりによって実績を上げている。そんなベゾスの人生と歩調を合わせるように、コンピュータの性能は飛躍的に向上、90年代にはインターネットの普及も進み始めていた。

 今と違って使いこなせる人は限られていたし、ビジネスに活用して大儲けした人もまだいなかったが、インターネットの爆発的な普及はすぐそこに来ていた。

 「ある仕事をなすには、それにふさわしい時代に生まれ合わせることが必要だ」はパナソニックの創業者・松下幸之助氏の言葉だが、早くから起業を考えていたベゾスも思い描いていた仕事にふさわしい時代に居合わせることになった。

【次ページ】誰も気づかない小さな変化にこそチャンスがある

リーダーシップ ジャンルのセミナー

一覧へ

リーダーシップ ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング