ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年10月19日

クールなスタートアップは今、シリコンバレーを目指さない 篠崎彰彦教授のインフォメーション・エコノミー(67)

米国で新興ハイテク企業の本拠地といえば、もちろんシリコンバレーだ。ところが、最近では、サンフランシスコ市内の魅力が増しているという。現にFintechの代表格とも言われるSquareはサンフランシスコの中心部に本社を移した。その理由は、単に都市の近接性(proximity)がビジネスのやり取りで便利だからというのではない。根底には、充実した生活を求める若いエンジニアの気質とそれに応えようとする企業の行動があるようだ。人材が富を生み出す時代のダイナミズムとは何か、日本の就活事情とは対極にある米国西海岸の動きを現地でみてきた。

執筆:九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠ア彰彦

photo

サンフランシスコにあるSquareのオフィス内部

(写真:筆者撮影)

シリコンバレーではなくサンフランシスコ

photo

サンフランシスコとシリコンバレーの
位置関係

 9月下旬の1週間、サンフランシスコを中心とする西海岸のベイエリアで現地調査を行った。周知のように、このところベンチャー投資が盛り上がっており、ITブームに沸いた2000年前後に匹敵するほどの活況を呈している。

 新興ハイテク企業の本拠地といえば、サンノゼやパロアルトといったベイエリア南部に位置するシリコンバレー地区を思い浮かべるだろう。ところが、現在は、そこから60Kmほど北に位置する観光都市としても有名なサンフランシスコ市で新興企業のオフィス拡張が活発になっている。

連載一覧
 もちろん、スタンフォード大学を核にグーグルやアップルなど、世界をリードする有力企業の本拠地となっているシリコンバレー地区の魅力は今も健在で、産学連携型で最先端の技術とビジネスが湧き起こる地域であることに変わりはない。

 ただし、広大な敷地が広がる郊外型のキャンパスやオフィス地区では、日々の活動に車を使った移動が不可欠であり、人口密度の高いニューヨーク市やサンフランシスコ市のように、公共交通機関の利用や徒歩による行動範囲で密度の濃い生活を楽しむことは難しい。

 仕事を離れてオフィスを一歩出ると、気軽に充実した食事やショッピングを楽しめるという、日本の都市であれば当たり前の「潤いある生活」で魅力に欠ける面があるのだ。この点では、確かにサンフランシスコの魅力は群を抜いており、それが、新興企業によるオフィス拡張の動きに繋がっているようだ。

日米ともに人手不足、優秀な若い人材の争奪戦

photo
(クリックで拡大)

ツイッターもサンフランシスコに
本拠を構える

 何かと話題を呼んだ日本の今年の就職活動は、10月1日に執り行われた大手企業の内定式で節目を迎えた。景気が回復基調にある中、この先も人口減少社会で人手不足が見込まれることから、数年前とは打って変わり、今や優秀な学生の奪い合いが起きるほどの売り手市場となっている。

 人手不足は、海の向こうのアメリカも同様で、特にハイテク企業では、優秀な若いエンジニアの獲得競争が激化している。企業が求める若いエンジニアは、仕事ばかりでなく、食事やショッピングから観劇などのナイトライフに至るまで、楽しい時間が過ごせる都市での生活を好むため、商業や娯楽サービスが充実しているサンフランシスコの中心部に住みたがる。

 グーグルなどの大手ハイテク企業が、サンフランシスコ市内から社員専用のシャトルバスを用意してシリコンバレーのオフィスまで約1時間の通勤手段を確保しているのはそのためだ。

 ところが意欲ある若いエンジニアは、いくら快適とはいえ、バスに揺られて家と会社とを往復するような生活に満足せず、職住接近の生活を送りたいと考えている。そこで、ツイッターなど多くのハイテク企業がサンフランシスコ市内にオフィスを構え、スペースを拡張しているわけだ。

【次ページ】日本とは異なるベイエリアの躍動感

イノベーション ジャンルのトピックス

一覧へ

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング