ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年11月11日

ユニコーン企業とは何か?Uber、Airbnbなど評価額ランキング30社にみる高評価の理由

タクシー配車サービスの「Uber(ウーバー)」、宿泊シェアサイトの「Airbnb(エアビーアンドビー)」、スマホなどのネット関連デバイスを製造する「Xiaomi(シャオミー)」、Facebookからの買収話を蹴った写真・動画シェアの「Snapchat(スナップチャット)」。これらの企業は今、「ユニコーン企業」と呼ばれ、「未上場」ながら極めて高い評価を集めています。なぜ上場していない企業がこれほど注目を集めているのでしょうか。そもそもユニコーン企業とはどのような企業で、どのような過程を経てユニコーンになったのでしょうか。今回はユニコーン企業の「謎」に迫りたいと思います。

執筆:フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

photo

連載一覧
 今、評価額が10億ドル(約1,200億円)以上で、上場をしていない「ユニコーン企業」に注目が集まっています。ユニコーンとは、額に一本の角が生えた馬に似た伝説の生き物ですが、そのユニコーンのように滅多にお目にかかることがなく、投資家にとって巨額の利益をもたらす可能性のある夢のような企業のことを指します。

 日本で時価総額1200億円というと、上場企業3656社のうちのおよそ650位。パイオニア(1,260億円)、ぐるなび(1160億円)、ファンケル(1220億円)、アサツー・ディ・ケイ(1240億円)などがその近辺におり、かなり大きな企業であることがわかります。

 もちろん、評価額が高いからといって利益が出ているとも限りませんし、会社の規模が大きいとも限りません。投資家やベンチャーキャピタルがそのような評価を下しているに過ぎません。しかし、それなりの評価を受ける以上、「何か光るもの」を持っている会社であることは間違いないでしょう。

 本連載では、主に公開企業を対象にして企業分析をしてきましたが、今回は番外編として未公開企業である「ユニコーン企業」にフォーカスをあてて、「何か光るもの」の謎に迫りたいと思います。

ユニコーン企業30社のプロフィール

 まず、ユニコーン企業とはどんな会社が含まれているのでしょうか。調査会社のCB Insightsによれば、2015年10月現在でユニコーン企業の総数は142社。そのすべてを合わせた評価額は、5,060億ドル(約60.7兆円)にのぼります。

 ユニコーン企業は、上場企業のように証券取引所で株式を売買されておらず、相対取引(投資家同士が取引所を介さずに売買する形式)であり、もちろん評価額については正確な把握はできません。

 また、P/L(損益計算書)、B/S(貸借対照表)も一般公開されていないので、いわゆる財務分析のアプローチは使えません。そこで、今回はまずユニコーン企業の代表格ともいえるUberの資金調達を追いながら、どのようにしてユニコーン企業が生まれるかに迫り、その後、ユニコーン企業の全体像について把握します。

ユニコーン企業の資金調達 Uberの例

 ユニコーン企業142社のうち、評価額上位30社を抽出したのが以下の図です。

photo
(クリックで拡大)

図1 ユニコーン企業リスト


【次ページ】Uberの資金調達ラウンドはどうだったか

イノベーション ジャンルのセミナー

一覧へ

イノベーション ジャンルのトピックス

一覧へ

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング